鱒狂い

羽アリ来襲…

昨年の台風以降、
いまだに歩いていなかった区間。
何年か前はここばかりいってたような…
それにしても激変した川を見るたびに
昨年の台風の破壊力は凄まじいものがあったんだと
再認識する。

そしてこの日は羽アリの流下がとても多く、
見ていてもパタパタと水面へ落ちては流れ、
それに鱒がライズするという状況。
いつもこうならいいのになぁ〜と思うが
いつ流下するかわからないテレストリアル主体のライズ狙いの
戦いは何度やっても毎回発見があって大変面白い!


鱒が浮くのを待ち、
フライを結んでタイミングを合わせたワンキャストに…
201708200626072bc.jpeg
52cm

そしてその後、
新たに見つけた大きな淵をクルージングする大きな影…
ワンキャストで仕留めたライズの主は
大きさは56cm…
しかし、痩せすぎで写真に残すのも可哀想な魚。
例えるなら産卵後のサンマのようなアメマス、くらい
痩せていた。

昨年の台風以降、こういう魚が増えたなぁと思うのは自分だけではないはず。
見つけてもこういう魚に手を出さないという選択肢もあるのかも…

難しい判断ですよね。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/21(月) 11:10:41|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

The perfect

ご縁があって我が家に届いたリール。
フライフィッシングを趣味としていくためには
決して避けては通れない道。
実際に使うかどうかは別として
コレクションしだすと最後…
夜な夜なクリック音を聞いてうっとりすることになります。



そんなリールをお気に入りの竿にくっつけて
大台クラスがプールの開きのフラットで繰り返すライズと対峙するのは
たまらないものがあります。
20170802110236c79.jpeg
大台にはわずかに届かないのが二本でたが
その度にリールの逆転音にこれまたうっとり…

20170802110245542.jpeg
アントパラシュートがやはり安定した効果を発揮してくれます。
サイズ感が特に重要でした。
フックはもちろんTMC2488H。


時間を空けて入り直すと
20170802110222559.jpeg
51cm
6xでは見切られ、7xに変えると同じフライでも反応が変わりますね。

帰り際、65クラスのライズもあったが、
それは単発&時間切れでモノにできず…

最新の道具もいいけど、
歴史のなかにある道具ってやっぱりイイっすね〜
  1. 2017/08/02(水) 12:34:59|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
釣行記 (207)
Dry flies (35)
Nymph flies (23)
Winged Wet flies (15)
Wingless wet flies (16)
タイイングあれこれ (21)
つぶやき (35)
salmon flies (5)
Tube flies (2)
streamer (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR