鱒狂い

在来種…

ほぼ一ヶ月ぶりに朝から川へ。

しかし、メインストリームも雪代で厳しい状況。
なので、ほとんどシーズン中はいかない川へいくも、
こちらも工事の影響で濁りが…

かなりリスクはあったがそこから一気に上流へ向かい、
新規開拓へ。
この時点ですでに時計は正午を過ぎていて、
ちょっとピンチ…

川へついてみると先行者…
移動し、竿は車に積んだまま川へ駆け下りて行って
プールを覗き込むといた!
急いで竿とベスト兼リュックを背負い、
再び川へ。

フラットなプールが続く区間なようで、
完全にサイト&ニンフでワンキャストワンフィッシュ状態。

アメマス7、ニジマス3位の割合で
プールによってはライズも…
しかし狙いはあくまでニジマスだったので、
ライズしていてる40ちょいのアメマスには手を出さず…

ボトムが見えないほどのプールではストリーマーをズルズルやると、
こちらも爆発。

2017042721595340b.jpeg
54cm
久しぶりにこんな太さのアメマスに出会えました。
ファイト中には口からゴボゴボカエルを吐き出してました。
20170427220002c96.jpeg
こちらは真っ盛りのようで…笑
プールの片隅で産卵にむけてカエルの大合唱。

自分がいるにもかかわらず、
浅瀬にいるカエルに向かって襲いかかるアメマスの
在来種ならではの獰猛な一面を見た気がしました。
ニジマスなんかボトムで小さいニンフをチマチマ食べているのに…


帰りにクルージングしながら
ニンフを食べ歩きしていたやつの進行方向へ
フェザントテイルをそっと置いておいて…
2017042721594458b.jpeg
45cm


新規開拓にしてはバシバシ決めていけたので
今後困ったときにはここへ足が向かうかも?
でも連休には人集りができそうな予感…

アメマスは大型でナナマルクラス。
ニジマスはせいぜい50クラスしか確認できませんでしたが、
まだまだ可能性はある!?

スポンサーサイト
  1. 2017/04/27(木) 22:21:38|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雪代…

本格的な雪代が始まりました。
河川によってはまだまだ大丈夫なところありますが
自分が通っていた川は完全にクローズ状態。
でもこの雪代が落ち着けば、
一気にドライフライシーズンの到来です。
それに向けて一旦釣りは休んで
タイイングに勤しみたいところです…



20170419111414f7c.jpeg
20170419111400c46.jpeg


ウィンストン IM6 9ft#5

運命的な出会いを得て、
我が家にやってきました。

傷もほとんどなく、新品に近いコンディションで
この竿があったとは…

しかもスペックもバッチリど真ん中。
こういうものは出会った瞬間に決断しなければ
あっという間にsold outですからねぇ。


おぉ〜…待ち遠しいです。
  1. 2017/04/19(水) 11:18:10|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

春ですねぇ〜

もう歩く釣りならトレーナーでも汗ばむ陽気。

こうなると次は雪代…
徐々に水位は上がってきているが、
いまのところ濁りはない。

いまのうちに冬の間見つけ出した魚を
釣っておこうと連日の出撃です。


20170405223729459.jpeg
48cm
2度のライズのあと、フライにでました。
積極的に餌を食べている個体は夏と遜色ない強さ。

その後
移動しているならここという場所に
フェザントテイルを流し込むと1投目で食いました。

20170405223714e7d.jpeg
53cm
コンディションはいまひとつでしたが、
とりあえずの大台クラス。
この時期はコンディションに差がありすぎですが、
文句は言ってられませんね。

水位の上昇とともに
ライズの数も減ってきましたが、
まだまだチャンスはある!?
  1. 2017/04/05(水) 22:57:32|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昨日に続いて連日の出撃です。

いままで魚がいるのはわかっていたが、
どうにもうまく流せなく
釣れなかったポイント。
視点を変えて立ち位置を変えれば
こんなにも簡単に、しかも理想通りに流せるのか…

201704042134381d1.jpeg
50cm
なんとか大台なのだが、
コンディションがねぇ…
でも、このポイントを理想通りに流せるなら
今後かなり期待できます。
雪代までにここで何本かとりたいところですが
水位や水温で魚の行動も大きく変わるこの時期、
釣れる時に釣らないとね。


ライズ待ち中に一度だけライズした鱒。
20170404213425ce4.jpeg
52cm
ドライで挑むもライズが続かず、
フェザントテイル#12を静かにそっと落として流すと
1発で食いましたね。

201704042134530b4.jpeg
予想通りですが、
できればライズを誘発するドリフターに
かけるしかないですね。

半日で大台2本は少しできすぎ!?
さらなる鱒を求めてまた歩きます…
  1. 2017/04/04(火) 21:52:06|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダビングボディ

いままでマッチザハッチ系のドライフライのボディは
見た目と雰囲気だけで、バイオットなどを使う機会が多かった。
でもダンをイミテーションした場合
水面にピタッと浮いていたほうがそれらしいのだが、
バイオットボディは水面膜をスパッと割ってしまうことが多い気がしていた。

トラップドダンやクリップルパターンにピッタリなんですけどね。


そこで久しぶりにダビング材だけでボディを巻いてみると
これが大正解だったようで…
20170403230122429.jpeg
粉物のフロータントと相性抜群!
ここ北の大地では、低気温下での釣りも多いため、
シリコン系などのフロータントはカッチカチに固まって…
粉物は湿気を吸わない限り使えますからねら。


昨年の秋から
パタゴニアのナノパフを入手して、
もう手放せないアイテムなのは間違い無いのだが、
日中に気温が上がってジャバジャバのシャーベット状になった雪原を
ほとんど意味の無いスノーシューで歩くともう汗だく…
なので、今日は川についたら帰るまではほとんど長袖ティーシャツのみ!
いい季節になりましたねぇ。

ナノパフをリュックに詰め込んで、ふと水深のある流れを見れば
広がる波紋…
よくよく観察すると大型メイフライの姿が…

ジリジリ距離を詰めてワンキャストで…
20170403230205838.jpeg
201704032301559ad.jpeg
素晴らしい…

そして、
こちらはニンフでした。
201704032301328c1.jpeg
そう大きくはないが、
前々からいるのはわかってはいたが、
流木の陰にいて流せなかった。
が、今日はそこから少しだけ動いてニンフを食いまくっていた。
201704032301426da.jpeg
こ〜んな角度からのセクシーショット。
ぱっつんぱっつんに詰まっております。

見えない魚にひたすら流すニンフとは違って、
見えてる状態でワンキャストで決めるニンフは
ライズゲームのアプローチと似た緊張感があります。


さぁ、雪代までラストスパートだ!
  1. 2017/04/03(月) 23:17:55|
  2. Dry flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
釣行記 (197)
Dry flies (35)
Nymph flies (23)
Winged Wet flies (15)
Wingless wet flies (16)
タイイングあれこれ (20)
つぶやき (34)
salmon flies (5)
Tube flies (2)
streamer (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR