鱒狂い

湧水遊戯…

久しぶりに朝からの釣行。
しかし、
思ったよりも冷え込みがキツく
目をつけていた区間は半分以上が凍ってしまい
これでは…
移動して新規開拓を目指すも、
すぐ上流では河川工事が始まり…

せっかく時間作ってきたのに〜…


そこで、
久しぶりに湧水でも歩こうかと。


ついてみると水位は多少下がったようだが
魚が付いていたポイントには
すでに魚の姿はなかったりと…
それでも歩くと流れの中に数匹の影を見つけた。


201702282236276a6.jpeg
52cm
20170228223613c7a.jpeg
まわりにいた40クラスを数匹釣ると
狙っていたこの魚はすっかり警戒した様子。
なので、
#18フェザントテイルに6.5xで流し込むこと
数キャスト。答えはあっさり出た。

思ったよりも6.5xの強さに驚きを感じつつも
次のポイントを探して歩く。

そしてまたしても魚を見つけて
またしても40クラスと数匹遊んだ後に
同じくフェザントテイル#18に6.5x。
20170228223559f11.jpeg
58cm

川が変わればこんなにも魚の性質は違うのかと…

自分のやることすべてを否定してくる魚を相手に、
キリキリしながらやるのは面白いけど、
たまにはこういうリラックスできる釣りも
いいなと思いました。



次回からはまた挑戦しに行きます。
雪代まであと1本は大台獲りたいですね。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/28(火) 22:55:17|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

君じゃない…

そこは緩い流れ込みがあるプール…

昨年に魚を確認していたが
どうにも釣ることができず
気づけば結氷という事態に…

今日目星をつけていたポイントには
鴨の大群が時折吹く風を楽しむかのように
プカプカしており、
こちらに気づいた鴨たちは水面をこれでもか!!
というほど荒らして飛び去り、
もちろん魚もスプーク…

というわけで、
中途半端に時間が余ったので
そんなポイントを思い出していくことに。



このプールは流れ込みよりも
プールのど真ん中が一番深くなっており、
その脇には大量の流木が…
魚は何匹か確認したが、
流木の下などに隠れていて
狙える鱒は数匹。

そのなかにはロクマル後半の姿も…

ソフトプレゼンテーションされたニンフは
ゆっくりと沈んでいき、
ロクマルの鼻先へフライが向かっていった…

そして、


隣にいた
20170222170623d9b.jpeg
43cm


君じゃないんだよ…
20170222170636229.jpeg
そんな鱒にも誰に何にやられたのか
辛い過去もあったようで…

どちらにしても
難しいことには変わりませんね。
  1. 2017/02/22(水) 17:16:43|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フライボックス

今週は寒いですねぇ。

そんななか、
新規開拓というより
昨年から目をつけていたポイント。
そこはアクセスがとにかく悪くて、
ラッセル&長距離の遡行を強いられる。
でも気になって仕方がないもので行ってみると
やはり鱒はいた。55くらいのが…


いつものように上流からダウンで鼻先に流し込むと
あっけなく食った。
まわりに特に障害物もなく、今回は6xだったので
これはもらった!と思った瞬間、
ぐいんぐいんと頭を振った後スポッとハズレた…

あぁ〜…

こうしてスプークさせたり、
バラしたりしているうちに彼らはドンドン警戒心とI.Qを高めていって…


そんな寒い川から帰ったら
遠くの友人から小包が届いていた。

パーリンのフライボックス。
大小含めて3個も届いた。

20170221221556111.jpeg
そのうちの1つ。
アルミ製。
貧乏人のホイットレーなんて呼ばれているけど、
プラスティックのボックスにはない
アルミの暖かさがあるような気がする。
この時期、川ではキンキンに冷えるけどね…笑

アメリカのヴィンテージ釣り具オークションで落札したらしく、
201702212215456ee.jpeg
元の持ち主のフライがぎっしり。
アメリカのスティールヘッダーだったのか?
20170221221528a7a.jpeg
エッグを連ねた日本語で言うと
「筋子フライ」
これはおそらくプロタイヤーのもの。
お世辞にもタイイングが上手な人ではなかったようだけど、
なるほどねぇ。と思うようなことがたくさん。
中古品はこれだから面白いですね。

もっと紹介したいフライはたくさんあるけど、
長くなるので割愛させていただきます。


2017022122160535d.jpeg
下のは半年前に巻き替えたもの。
上のはさっき巻き替えたもの。

オールマイティな5番にはこのラインを使ってますが、
半年ですね…
クラックとかは入っていないけど、
魚をかけて岩に擦られたり、
流木に擦られたり、
とこ駆使しているうちにあっという間にボロボロに…


まずはフライボックスを埋めないとね。
  1. 2017/02/21(火) 22:36:29|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

先日、
魚探しのためスノーシューを付けて歩いた区間へ。
登山用語ではラッセルと言うらしいのですが、
他人がラッセルしたあとを楽々歩くのを
ラッセル泥棒と言うらしいです。

川では関係ありませんけどね。



それにしても、
昨年のドライフライの釣りが終わってから
やってきたことの積み重ねは
魚は多く釣ってはいないけど、
間違いなくスキルアップに繋がっているなと実感しています。

魚の挙動を見ていてつくづく思うのが、
基本的に補食⇄警戒でしかないなと。
これに産卵行動が入ると話は変わりますが、
基本的には補食⇄警戒の関係性。

補食に傾けば警戒心は緩み、
警戒に傾けばもちろん口は使わない。
この関係性を常に頭に入れて丁寧にアプローチすれば
きっとチャンスはくるはず…


今の時期、
低水位によって魚の行動は補食よりも
警戒に回っていることの方が多い。
それに加えて低水温によって食べるものは
ほとんどユスリカしかなく、
魚の活性が一時的に上がる瞬間もほとんどない。

こうなってくると、
釣り人が入っててスレて釣れないのとは
大きく違ってくる。

川によって状況は変わってきますが、
自分がずっと通っている川ではこれが実情です。


そんな魚たちも、
最初から警戒心マックスというわけではなく、
補食=警戒くらい。

魚を見つけて喜んだ釣り人は
ワンキャスト目をするも魚は全く動かない。
そこで未熟な釣り人(まさに自分‼︎)の頭上には?マークが…
あれ?見えなかったのかな?

そこでもう一度キャストすると
さっきまでたまに補食を繰り返していた魚たちは散り散りに…


これを何回、何ヶ月繰り返してきたことか……

でもよ〜く見てると今、目の前の魚が
補食<警戒に傾いてるのがわかるようになってくる。


20170215210057497.jpeg
50cm

一度はスプークされたものの、
時間を空けて入りなおし
結局7xにTMC2488H#18のユスリカラーバで
仕留めることができた。

食うときは食うし、
食わないときは決まって
悲鳴をあげながら
逃げくんだよなぁ〜。


できれば、
フッキングしてからの悲鳴を毎度聞きたいものです…


  1. 2017/02/15(水) 22:18:48|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

積み重ね…

昨年、
河原にまだ雪が積もる前に
とにかく歩いて歩いて歩きまくって
魚を見つけたり、ここは絶対いるだろうという場所を
ある程度把握していた。
その間、湧水の川では輝かしい釣果がたくさん聞こえてくるのを横目に
とにかくこの川にこだわって歩いた。


そして、
最近は魚の場所は把握しているものの、
あまりの警戒心に痺れまくっていました。
そのおかげか、
大型の魚を見つけてもぜーんぜんドキドキしなくなってしまった。
どうせ逃げるんしょ?食わないんでしょ?って…笑


今日は違った。
昨年歩いてここは…というところを思い出していくと
予想通り魚がいた。
そして、ここ最近では一番の活性では?というくらい
水中で捕食を繰り返していた。
とは言っても、この時期なのでよくよく見ないと気づかない程度ですけど…

そんな魚を見たらいつの間にか緊張して、

今日はいけるかも…?


上流側からダウンで鼻先へ流し込むとあっさりと。

201702101707387e5.jpeg
48cm

特に驚くような魚ではないが、
ここまでの過程を考えるとついにやった…と。


そして
少し移動するとまた魚を発見。

これもダウンで流し込む。
水深があったがとにかく静かに落して流し込むと
川底で白い口がパフっと開いた…

この時点で

あぁ〜…今日はどうしちゃったんだろ…

魚は流木にラインを引っ掛けながら走った。
だからこちらも川に飛び込んでラインをハズし
とにかく追いかけた。

20170210170708952.jpeg

あぁ…感慨深いものがあります

20170210170719ae6.jpeg
54㎝

今日はため息がとまりません…たまにはいいでしょ?笑
ありがと〜
  1. 2017/02/10(金) 17:20:47|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
釣行記 (209)
Dry flies (35)
Nymph flies (23)
Winged Wet flies (15)
Wingless wet flies (16)
タイイングあれこれ (21)
つぶやき (35)
salmon flies (5)
Tube flies (2)
streamer (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR