鱒狂い

クリアウォーターを求めて…Ⅱ

どこも釣りにならないこんな時だからこそ、
本当のところはタイイングに勤しんで
川が回復するのを待つべきなのは痛いほどわかっているつもりなんだけど、
どうしてもね…笑


普段なら目もくれないしょっぼい流れ。
数あるスプリングクリークのなかでも
見た目はかなりしょぼい。
それは人工物があって…とかではなく、
ここに魚いるの?みたいなレベル。


実際に自分自身、魚がいるのか半信半疑で
いないのに一生懸命やってるとこ誰かに見られたら
恥ずかしいなぁと思ったがやってみないことには…
201608271345509f7.jpeg


答えはすぐに出た。
河原には無数のバッタがいて
迷わず使ったホッパーに次から次へと。
サイズも20〜40前後となかなかのもの。
しかもフライの手前で反転していったやつは
ここでそんな大きさのやついる?っていうサイズ。

20160827134505a6c.jpeg

ナチュラルに流したり、
フラッタリングさせたり
しまいにはショットをつけて沈ませたり…


釣りにならないことは無いってことを証明できたので
今度はこの川で狙ってゴーマル出せればいいなぁ…
スポンサーサイト
  1. 2016/08/27(土) 13:58:23|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クリアウォーターを求めて…

もうぜ〜んぜんだめ!
思わず空に向かって文句を言いたくなるような日々。
ここ何日か色々回ってみたが
どこのダムも茶色く濁った水をたっぷりと蓄えて
それを吐き出すかのように放水してます。
あれではダムのある川はしばらくダメでしょうね…
そんなこと言ってたらあっという間に季節はながれて…


だかしかし!
クリアウォーターは存在しているのも事実。
もちろん50クラスを狙える区間で。
林道は多くのところで土砂流入や崩壊していて
通行止めになっていますが、
そこまで歩けば問題なし。


20160823090515a4f.jpeg

とは言っても
水位はもちろん半端なものではなく、
201608230905044e8.jpeg

なんとか釣れますけど…

川についてから
嫌な風が吹き出し、また雨が降ってきた。
雨脚はそこまで強くないが
この状況で釣りになるくらい回復しているということは
それだけ雨が降ってから増水するスピードも段違いに早いはず。
濁りはないものの、
水位は高く、なんとか渡っていっても
少しでも水位が上がれば他の退渓ルートを使わなくては行けなくなる。
でもそこはヒグマの巣窟…
もちろん電波もない…

というリスクを負ってまでやるのもどうかと思うので
潔く手の届く範囲でチビの顔を何個か見て帰ってきました。


で、昨晩からの雨。
3日雨降らなかったら釣れる…はず…

  1. 2016/08/23(火) 09:21:26|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

leg…

2016081721460051c.jpeg
あぁ、今年は一体いつ夏があったんだ…


今回の台風はかなり大きな影響を残したことは間違いなく、
おそらくどこも壊滅状態か何日が続くでしょう。
回復したところで
ハイプレッシャー化したフィールドでは
テレストリアルなどの流下なしでは太刀打ちできないあの鱒たち…



ついこの間はど素人さんを増水中のホームへ案内したところ、
2年ぶりに入ったポイントで…
そこはドン深プールの開きの岩盤にそっと寄り添いながら
水中で捕食する50後半クラス…
これはもらったと思ったが自分が釣るのと他人が釣るのでは
話は全く違くて。
魚のポジションや目線など見てもドライでは厳しいかな?という状況で、
ニンフにも挑戦してもらったが、
現実はそんなに甘くなく…
帰り際には50クラスがドライに出るもライン処理に戸惑いものにできず…
でもきっとそういう魚は自分が単独で行ったときには出てこないんだろうなぁ笑




そんな訳で、
気持ちは秋に切り替えて、
まずはホッパーから!
20160817214546929.jpeg
TMC200R#6〜10

下から見るとこんな感じ…20160817214537a80.jpeg
やはりテレストリアルはレッグがあるのとないのでは
印象が大きく変わってきますね。
もちろんアントなど、
何も付いてない方がいい場面もありますが、
相対的にはあったほうが無難かと。

2016081721452872b.jpeg
ちょっとわかりづらいですが
フライングアントのレッグにご注目。
このマテリアル…なかなかです。
大袈裟すぎないけど、確かなインパクト。
そしてもちろんフッキングの妨げになるようなものでもない。
20160817214518b26.jpeg
売れないのか山ほどありましたよ。
テレストリアルのレッグに使う程度では1つで
何シーズンもいけちゃいます。
  1. 2016/08/17(水) 22:06:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

秋の気配

しばらく忙しくて川には全く行けてませんでしたが、
やっとひと段落したので1ヶ月ぶりくらいに朝から…

普段なかなか入れないところが空いていたので
これは!?と思い歩きましたが、
一度50クラスが出てきたがフッキングせず。


それからというもの、
歩けど歩けどたまにチビが出る程度で
浮いてきたけど見切られた。
とか
ハズれた、切られたというトラブルなど
一切なし…

何かがおかしい…

この時気づくべきだったことがいくつか…



退渓地点に差し掛かった時上流から下ってくる人が。
話を聞くとどうやら自分が車を止めた200mくらい上から
藪を漕いで入ってきたらしい。
つまり、
自分がここまで3キロほど歩いてきたが、
自分が一番乗りで釣ったのはたったの何百メートルか…
そこにいくには下流からしか道はないので、
間違いなく自分の車を見てるはず。
話している時はとぼけた感じだったが
確信犯でしょ笑

まぁそんなリスクがある釣り場なのはこちらも重々承知なので
仕方ないが、
ここまで歩く時間と体力を考えると
なぜもう少し早い段階で気づかないのかと呆れます…笑


だがそんなことで気持ちをへし折られて話にならないので
もう一度気持ちを立て直して移動するも
20160811093519035.jpeg
この日の自分にはせいぜい45cmほどのを
出すのが精一杯。



あと、余談ですが
ウェーダー新しくなりました。201608110935304f4.jpeg
バコッと裏返していますが、
ソックス部分がこんな色になっていたとは…

これからはウェーダーに優しい川歩きをしたいと思います。
  1. 2016/08/11(木) 10:19:20|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夏…

夏が腐ってる…

思い返せば5月に30度越えが何日か続き、
これは今年の夏は暑くなるな!
と意気込んでいたものの、
6月は太陽何回みた?
7月もパッとしない日が続いて
先日から続いている雨、雨、雨…
20160801204931e42.jpeg

魚の写真を見返しても、
川や山で撮った写真を見ても
いつも曇り空、または雨…

もう湿度でどうかなってしまいそう。
北海道生まれの北海道育ちには肉体的にも精神的にも
厳しい毎日です。


川はどこも壊滅状態に近いですが、
なんとかなる場所もチラホラ。
もちろん行きましたが気持ちが入っていない上に、
増水で遡行できない場所ばかり。
魚は釣れないことはないけれど、
40そこそこのは何匹か。
けれどね、なんかこう晴れない、気持ちが。



気持ちを切り替えてタイイングに励んでいるところです。
夏は折り返し地点。
ドライフライのハイシーズンに向けて
態勢を整えなくては!

まずはバシッとまだまだいくぜ、シケーダ!
201608012049103d7.jpeg
TMC2302#6

ボディはディアヘアじゃなくて…
軽い上に柔らかいので抜群のフッキング性能。
これを応用すれば
秋に向けて活躍するあのパターンに使えますね。


そしてライズ狙いのど定番。
CDCダン
20160801204922d09.jpeg
TMC100#16〜#22

どんな魚もってわけじゃないけれど、
ダンからスピナーまでなんとなくカバーできます。
これかはサイズとカラーを変えて
とりあえず4本×サイズ、カラー…だから一体何本?

で、
何年か前までは
CDCって安価でバシバシ使える
ライズ狙いに持ってこないなマテリアルっていうイメージが
あったけれど、
最近ではプライスタグもジワジワとあがって、
質を求めるだけでなく、
手にすら入りにくくなっているのは気のせい?


さぁ巻きますか!!湿気ってるからバイオットとか切れにくいですね笑
  1. 2016/08/01(月) 16:11:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
釣行記 (210)
タイイングあれこれ (21)
つぶやき (36)
Fly tying (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR