鱒狂い

Bottom Knockersが行く…小雨の短期決戦

天気予報では夕方から雨。
明日は風が強い予報。
今日行くか否か昼飯をいただきながら考えていた。
そして決めた!
今日も行っちゃう…笑


ついてみるとどんどん雲行きは怪しくなり、
予報よりもだいぶ早く小雨が降り出した。
嘆いていても仕方ないので
ここだ!っという場所でやってダメなら終わり!という短期決戦に。



まずに川に立って気づいたのが、
太陽がでていないせいでかなり寒く感じる。
そして、ユスリカも前回の10分の1くらいしかいない。
緩い流れに立って流れてくるものを見ていても
マダラ系ニンフの数も明らかに少なく、
せいぜいユスリカがパラパラ流れるといった感じ。
これは大ピンチかも…
でも来たからにはやるしかない。


遠方の友人よりプレゼントしてもらったダビング材を使って
まいたマダラ系ニンフを信じて流す。


48cm
ボトムをコツコツ叩いていた時に
スッとリーダーが止まった。
この時に肝心なのがあくまでボトムを叩くのはショットであって
ニンフはフワフワふらふら漂いながら流れるといったイメージ。

ティペットを結び替えてこのポイントの核心部分。

53cm


このストマックを見て分かる通り
ユスリカがほとんどで、
前回みたいなヒゲナガラーバやマダラ系ニンフの影も形もない。
でも結局マダラ系の無難なサイズとカラーのニンフを
しっかりと流すことが今回の勝因なのかもしれない。


はやくも深刻な実弾不足です…
明日は弾を補充しないと…
時間も足りないし、体がもうひとつあればなぁ笑
スポンサーサイト
  1. 2016/03/30(水) 17:07:39|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Bottom Knockersが行く…ジェラシックパーク開幕編

ジェラシックパークと呼んでいるとある川のとある区間…
去年から通いつめていて、
何度か下見に行ったもののアクセス出来ず…
ここ最近暖かい日が続いていたので
もしかすると…と。

だか着いてみれば、
もう出遅れ感満載の、人、人、人…
みなさんご苦労様です…



車を止めてしばらく歩き、
川へ入るも減水…そして雪の上には人の真新しい足跡!

でも通いつめているだけあって、
魚の付いているポイントはかなり把握出来ているはずなので
去年には小さいながらも何匹も魚が付いていた流れ…

マダラ系のニンフも活発になってきてるようです。

相変わらずユスリカはでているが、
川は違えどヒゲナガラーバが流れているはず。
何度もしつこく流すと
ようやく30ちょいくらいのが釣れた。
このサイズが釣れるようになってくると
少し気が楽になりますよね。


そして、昨年ドライでは反応がなかったものの
絶対いるんだよなぁ…時になっていたポイント。
ここでもヒゲナガラーバ最強説を信じる。



50cm
かけた瞬間バタンバタンとやった時の幅を見て
ちょっと腹に力が入ったが
寄せてみると意外にも長さがなかった。
でもねぇ…

イケメンなんすわ、こいつ。

ここまで見ていただいてる方はだいたい予想はついているでしょうけど、
もちろんストマックは


川底ではこんなハイカロリーなものが流れているんですね。
  1. 2016/03/28(月) 15:32:20|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

水温8度

水温8度って
11月にライズ狙いの幸薄い釣りをしている時よりも
あったかいんです。
そんなことを考えながら川を歩くも
簡単にはいかない早春の釣り。
20160325122709aaa.jpeg
そこら中をユスリカが流れ、
今まで長い冬の間生命感のない山、川を歩いてきた自分としては
釣り上がるメンタルを保つうえで大きさ支えになっていた。



いつも通り何もなく時間は過ぎ、
雪がちらつき残すところ1時間…
ちょうど自分は釣りあがってきて50mほど続く浅い瀬尻にいた。
ぱっと見、魚がつきそうな流れもなく、
目指すとなれば50m以上先の小さく見えてる流れ込みしかない。
腹も減ったことだし、
早めに切り上げようかと思ったが、
せっかく川にいるんだからあそこまで歩いてやってみてから帰ろうと決めた。

なかなか釣れないといつもこの葛藤…笑



着いてみると対岸にはテトラが積まれていて、
流れがあたり、一気に深くなっていた。
しかも流れは反転流やら噴きあがったり、もうグチャグチャ。
とてもラインやリーダーではあたりをとる時間すらないピンスポット。

リーダーをつめて、ショットとしてガン玉のサイズにしてBを1発。
一歩間違えればかなり危険なセッティング。
ボチャンと投げてイメージ的にはアウトリガーのような流し方で数投目。

アタリはラインにも手元にもこないので、
ニンフが沈んでいって魚がいるならそこだ!というところを
流れたくらいに適当にあわせるというムチャなやり方。


ぐいと合わせると一瞬根がかりかと思ったが
待ちに待った生命感。

20160325122656c66.jpeg
47cm
大台にこそ乗らなかったが
諦めかけていた分、価値はあった。

でもなんだかこないだも釣れてるのか釣れちゃってるのか…笑

2016032512264509e.jpeg
結局こういうことなんだよね。

  1. 2016/03/25(金) 12:49:20|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Bottom Knockersが行く…脱ネオプレーン編

先週から何かと忙しく、
あったかい日が続いてるにもかかわらず
川には立たず、三連休が終わってからの今日行ってきました。

が、この季節の変わり目。
通りがかりの川は雪代で濁っていたが
本命の川は多少増水しているものの
濁りも釣りにはなるなという感じだった。


201603221905387b3.jpeg
もうネオプレーンは履きません。
でも穴は開いているから多少濡れるが
根気よく歩き回る釣りなのでそこは気持ちでカバー…笑



川の方はというと、
今日は新規開拓ということで歩き回ったが
ユスリカは出ているものの、
なかなか反応がなく、
ラスト1時間というところで、

ここは…いるのはわかってるんだから頼むから食ってくれよ!

という感じでやっていると
201603221906090c7.jpeg

54㎝。久しぶりの魚だ。冬色だけどね。

そして
20160322190636aba.jpeg
45㎝。

いままでの苦労はいったいなんだったのか…

気になるストマックは…
201603221906244b5.jpeg
ほらねぇ!やっぱ増水したらメガトン級の
ヒゲナガラーバ食ってるでしょ!
弱気になってマダラ系の小さめニンフで
釣ったんですけど、
これなら強気にヒゲナガラーバ投げとけばよかったかも…

次のポイントへ歩いている途中、
膝下くらいの水深でビラビラっと赤く光った。

最初はゴミでも引っかかってるのか…と思っていたが、

んんっ!!!


20160322190558783.jpeg

ねっ、ビラビラっとやってるでしょ。
この川にしては最大級の大きさ。おそらく70前後のメス。
産卵床をゴリゴリほじくっていた。
で、よく見るとその後ろにピタッとオスとみられる
50前後のが3匹ほどピタッとくっ付いて、
その瞬間を待ち望んでいた。

しばらく観察してたらあっという間に時間は過ぎ、
帰らなくてはいけない時間になってしまった。
あれはいつ産卵するんでしょうかね。

ホントに何気なく歩いてしまいそうなところでした。
こういう魚はそっとしておくのが一番ですよね。
間違っても狙うようなことはないとは思いますが、
頑張ってたくさん産めよ〜!って応援するくらいにしましょう笑


川にはいつもドラマがありますね!
  1. 2016/03/22(火) 19:37:38|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Bottom Knockersが行く…

201603150938278f3.jpeg
かな〜り久しぶりに朝からいってきました。
今年は新たな自分を求めて
いまだかつてこの時期に結果を残したことがない川へ。
最近通っていてもなかなか結果に恵まれず、
でもなんで通うかって?

今回とは違う区間なんだけど、
波一つないフラットなプールにて
瞑想中のロクマル艦隊を見つけしばらく観察するも
なに1つ食べてないご様子。
仕方ないのでワンキャスト…

えぇ、みなさん一目散…

そんなことばかりだったので
今回は新規開拓ということで。
夏に向けての下見という意味もあるしね!


20160315093840fb1.jpeg

と、川へ降りてみれば
まだまだ河原はこんな感じ。

釣れないときはどうしても水温測っちゃいますよね笑
でもこの日は終日3度を超えることはなく、
ボトムをコンコンノックしながら
魚のご機嫌を伺うも返答はなし。
たまに引っかかる流木にドキッとしたり…

20160315093909d95.jpeg
3xロングシャンクの6番というヒゲナガバズーカを
打ち込んでみたり…
でも石ひっくり返したらこれとほぼ同じくらいの
もうプリップリのやつ結構いたなぁ…
あれが増水で流れた日にはこれで…笑



で、
そんなフライを安全にプレゼンテーションできるのも
SAのウェーブレングスのニンフテーパーのラインのおかげ。
これねぇ、
もしインジーケーなしのラインやリーダーであたりをとっていく
自分がいつもやってるニンフのスタイルをやりたいけど
なかなかアタリがわからないし…という人には
もうオススメ!!
自分もこのスタイルで釣れるようになるまでかなり苦労しましたからね。
20160315093854f76.jpeg
これわかりますかね?
ラインの先端2ftほどオレンジになってるんです。
これはいいですよ、ほんとに。
ただ、1.5番手ヘビーらしいのですが
自分の場合、ハーディーのグラス6番の竿に
このライン5番を乗せてますがちょうどいい感じ。
まぁ最近のファーストアクションの竿なら5番に5番という感じですかね?


とまぁ、ラインだったり、
フライだったり、
このポイント夏にやりたいなぁというところを何箇所も見つけることができたし、
川を真剣に大汗かきながら往復5キロもネオプレーンで歩いた甲斐あって
収穫は何かと多い1日でした。

そろそろ魚釣りたいですね…でもここでこの川から逃げるのか!?笑


Bottom Knockersメンバー募集中!笑
  1. 2016/03/15(火) 10:02:45|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Nymph Taper

201603062220402c0.jpeg
あ〜あ、
ウェーダーも買うっていうのに…

普段よく使ってるラインはというと、
SAのDTTのトラウトがお気に入りで
特にドライシーズンはこれでほとんど通していますが
いま狙っているあの区間でニンフやるなら
それではちょいと荷が重い。
どうしてもショットをかました
重い仕掛けをぶっ飛ばすならまだしも、
思い通りにアプローチして、なおかつその後のメンディングなんかも
スパッと気持ちよくできる…
やはりこの厳しい時期、
そういったことって精神衛生上とても大切だと痛感しております。


201603062220525a5.jpeg
で、
ラインの箱の上にのっかてるのが
こないだのあげたストーンフライニンフの
イエローバージョン。
そのウィングケースに使ったのがこれ。

シリスキンというやつらしく、
ラバーよりも強いような気がしてますが
まだ川で使ってないのでわかりません。
でもこの模様…ストーンフライニンフ巻くためにあるんじゃないのって感じですよね。
とある釣具屋(フライ以外の釣りがほとんどで、フライは隅っこに追いやられてる)にて、
ホコリをかぶって陳列棚の隅っこにあった。

しかもリーズナブル。
今度行った時に買い占めてこよ…笑
  1. 2016/03/06(日) 22:32:51|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鱒探し

いつだったかな。
今年は暖冬でしかも雪が少ないから、川までのアクセスがしやすくて
逆に心配だなんていってたの。
帳尻合わせ?というような大雪。
降り始めから70センチちかく積もり、
その後猛吹雪で道路は壊滅状態。
よって、川の周りの車を停める場所はもちろん消滅して、
ちょっと雪を寄せたへっこみに車をぐいと押し付けて
いざ、新規開拓へ。

まず前提として、
ただでさえ鱒の活性が低いこの時期に
新規開拓するというリスクは半端ではない。
いるけど食わないのか、
本当にいないのか、
この時期に積極的に捕食する体力のある鱒はいないのか。
それとも産卵??ってことも考えられるし。

なので相当な気合いを入れて丁寧にやっていくしかない。
それに加え、今期最悪のアクセスポイント。

やらないと釣れないからねぇ。
いると分かってる場所もあるけれど、
そこにばかり行っていては進展がないので…



201603031507203dc.jpeg
腰まである…
スノーシューもあったが、酷使していたので
10歩目くらいに撃沈。
車に戻って仕方なく歩く。


あぁ雪のなかで溺れてるよ。


すぐに汗だく、
川まで150mほどなのに30分近く雪を漕いだ。
夏なら駆け足で川まで行くのになぁ…



20160303150739cea.jpeg
川の脇の小さな流れ。
氷の下に10〜30くらいのニジが群れていた。



行きがあるってことは
帰りもあるんだよ。
20160303150707862.jpeg
現実はいつも厳しい。


  1. 2016/03/03(木) 15:22:55|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
釣行記 (210)
タイイングあれこれ (21)
つぶやき (36)
Fly tying (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR