鱒狂い

ドライフライクライマックスシリーズ第5回戦

今日は半日修行の川へ。

この時期に新規開拓ということで
ネオプレーンを履いてるにもかかわらず、
歩きまくり、この区間でライズするならここだ!
という場所でしばらく待つと始まった…


TMC 2488H#16

しかし、スプークさせてしまい、
1時間ほど休ませると、
また始まった。

6x。
ワンキャストで決まった。

46cm。
決してモンスターサイズという訳でないが、
今までの成果が一つ出たような気がする。

よっしゃ!!
スポンサーサイト
  1. 2015/10/31(土) 18:37:32|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ドライフライ クライマックスシリーズ第4回戦

今回は川を変えて…
とは、言っても修行の川。
昼過ぎに川について少し待っていると、
ライズが始まる。
ティペットは7x。

前にきたときはどれにも相手にされず
食わせることができなかった。
が、しかし、
ここまで厳しいライズと立ち向かってきた甲斐があってか、


40弱でもなかなか釣れないが
キャストする立ち位置、ラインシステム、
タイミング、ドリフト、そしてフライパターン…
35前後のが何匹か攻略することができました。
でもやっぱり、これ以上のサイズを狙うなら
こういうサイズに手を出さずに、待つ!ことが大切なのは
わかっちゃいるが…

最後の最後に38cmが最高でした。


秋も深まり、雪もちらつく季節となりました。
あと何度、ライズに対面することが出来るのでしょうか。
毎度のことながら姿勢を低くして近づいて行って
タイミングはかったりしてるもんだから、
体が痛いです笑
  1. 2015/10/30(金) 21:32:14|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドライフライ クライマックスシリーズ 第3回戦

ついに…禁断の…


35くらいのは結構ライズしていて
なん匹かはものにできたものの、
5xじゃでない…(笑)
普通にライズしていてまず結ぶのが最近は6x…
そしてついに7x。もうなにを釣ろうとしてるのかわかんなくなってきます。

移動に移動を重ねてついに見つけたそこそこのライズ。
ヘッドアンドテイルで最後に尾ビレがヒラッとでるライズ。

この瞬間に立ち会えたことに感謝しないといけませんね。
なんせ、川にはいるタイミングを誤ると、
寒いし、ライズは何時間もなく、
そしてキャストもしないという修行になりますからね。
真冬に本流のツーハンド振り回してなんの反応がもないのとは
意味が違いますからね。
なにもしないで待つというあの時間。


話は戻って、
ライズのタイミングをはかってワンキャスト目。
少しタイミングがずれ、フライが着水し、ライズポイントまで50cmのところで
本物にライズ。
静かにピックアップし、もう一度…
ゆっくりと頭から尾ビレまでだしてすぽっとやって

40ちょいでした。
これを釣るのにどれだけ待ったことか!!

そして移動し、
待っているとゴボンと。

ほぼ流れてないようなフラット。
魚はロクマルはないが50オーバーは確実な魚。
ジリジリつめていき、ティペットは7x。

ライズを2回連続でやったところでワンキャスト。
ダウンで完璧に流れたと思われたとき、
ゴボン…

アワセちゃうよ!7x!勝負だぁ!

と言う気持ちを押さえてゆっくりと
スッとアワセるとなにも手応えなし。
最初は切られたと思ったがしっかり口に入っていなかったのか?

おそアワセも完璧なタイミングだったんだけど…

もうどうしたらいいのか!?
心臓はしばらくドクドクいってましたとさ!!
  1. 2015/10/28(水) 15:17:42|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ドライフライ クライマックスシリーズ 2回戦

ジョーラックさんと。
サイズは別として、
ライズの数でいうとやっぱりこの区間というところは
釣りにならず…

移動し、確かにライズはある。
それがいつピークなのかはまったく予想できない。
やりだすと、何匹か(50~60くらいの)でポンポンと
やって、その後はまた沈黙…
難しい。


抜群のコースに亀虫を投げるも魚は見向きもしなかったらしい(笑)
その後もフラットプールにて、
這いつくばるように距離を積めていき、
チャレンジするも、
ワンキャストで沈黙…
でも最後は目の前で余裕の50オーバー二匹がならんで
3度ほど等間隔のインターバルをあけてライズを
繰り返したときは…もう…
あれをやられて血圧上がらない人間はいるのか!?
というくらいに。でもダメ。
食べてるものもだいたいわかってるのに。
こうなると道具のせいにしてしまいそうになる
悪い癖が出そうですが、
食わせないことには釣れないということで

7xかぁ?それであの魚をどうとるの?って感じです(笑)


そんなわけで惨敗でしたが
このブログのせい?←(笑)
で、みんなに狙われた魚の口から

フライが帰ってきました(笑)
2週間ほど前に切られたのがバーブレスなのに
口に残っていたようです。
こんなこともあるんですね!!
フライはもちろん、持ち主に帰っていきました。


そして、

これ、ヤバイよね!(笑)
これからじっくり吟味して色々やってみます!
ありがとうございました!!

さて、7x買いにいこ(笑)
  1. 2015/10/24(土) 09:04:48|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ドライフライ  クライマックスシリーズ開幕戦

PA211819_convert_20151021220102.jpg
今日はお友達と…
しかし、魚の写真はありません(笑)
それはなぜかといえば、まず最初に僕がやらかした。

川について少し歩き、流れの中でひらっと何かが光った気がしたので
距離を詰めていき、カメムシをワンキャストで決めると
おそらく50前後とみられる魚がヒット。
お気に入りのジョージにラインを巻き込み、リールファイトを堪能していると…抜けた
まぁほかにもチャンスはあるでしょうと思ったが
これが不運の始まりだった。
その後ライズを何度か確認するも、ものにできず…
しかもそのうち、落ち葉が流れ始め、気づいた時には
危うく戻れなくなるくらいの水位上昇。


この区間を見切り、大きく移動。
そして、次はやらかしたのは…同行者のDEWさん。
難しそうに見えたライズを攻略し、
「ばらさないでよ~!!」
と声をかけようとした瞬間、ふっと抜ける(笑)
その後、50くらいのライズに遭遇するもあえなく撃沈…やっぱり難しい。

そして、最後にドラマが…
DEWさんがばらしたポイントで何匹かやっていた。
下流でやってたのはもしかすると55はあるなというやつが
3度ほど、ヘッド&テイル。しかしワンキャストでちん。

上でやっていたやつに標準をしぼり、DEWさんが決めたと思われたが
すぐにテンションを失うライン。

PA211822_convert_20151021220143.jpg
PA211826_convert_20151021220240.jpg
PA211827_convert_20151021222950.jpg

スタンダートパターンのように縦にハックルを4回転ほどして
下側でタスキがけ、そして上側でタスキがけすれば簡単にかっこよくスペントパターン使用の
フライが巻けます。そして視認性確保のためのダーク系なCDCを少々。
空気抵抗もそこまでなので投射性もOK。
#22くらいまではこの仕様で巻けるので準備しておいて損はなし!
PA211824_convert_20151021220210.jpg
そして忘れちゃいけないのが半沈みパターンですかねえ。



今日一日を通して40オーバーのライズは10本ほど見たでしょうか。
そのうち50オーバーも何度か。
でも反応させれたのは結局二人でやって3本。そしてばらしが3本…
まったくも~!きっと朝一の僕がばらしたやつで運気はどこへやら。
またリベンジですね…
  1. 2015/10/21(水) 22:31:22|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ジョージを連れて

平日でも必ず車が止まってる場所。
ここにはいれたことなんてしばらくない。
おそらく、雨をにおわしていた天気予報のせい?

ついてすぐ、
波ひとつないフラットでチュボっと水紋が。

ダウンクロスで流し込めるところまで
ジリジリよっていって。

僕のジョージからラインを引きずり出したのは
44cmのこの鱒。しかもフライはおてんとう虫。

なんと秋らしいストマックなことか!

そして移動し、
待っているとご機嫌なライズが始まる。
ヘッド&テイルで音もなくライズを繰り返す。

カメムシ→アント→おてんと虫→6xにかえてもう一度カメムシでやっと…

45cm

なんだよ!やっぱりおてんと食ってるじゃん!なんで!?

どうやらライズしてるやつは6xでしっかりティペット沈めて…フライ先行で。
じゃないとダメみたい。
スレてるもんね。

そしてだめ押しの42cm。


と、最高気温が10度ちょいと、
なかなか寒く苦戦を強いられると思ったが
終わってみれば40オーバーが3本という結果。
もちろん、50オーバーのライズもありましたが、
出直してこいと言われました。


それにしてもSt.Georgeのクリックサウンド…
良かったぁ
  1. 2015/10/11(日) 18:52:13|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

THE "ST. GEORGE"



もうなにもいらない…多分…
  1. 2015/10/10(土) 09:07:48|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プッチーん

なんとしても台風の前にいきたかった。
そのために色々準備してきたのにも関わらず、
仕事は次から次へ…夜まで頑張っちゃうもんね。

そしてこの川、自分がいくと高い確率で荒れるというジンクスがあったが
今回は青空。

入ってすぐ、
取り合えず竿を繋いでラインを通してとやってると、
スパッと水面から水柱。

見てると二匹。
でも上でやったやつは一度きり。
したのやつはもうノリノリ!
これなら取り合えず亀虫でもいっとく~?
みたいな感じでタイミングをはかり
ぽつーんと投げると
チュボっと…


ゴー丸ジャストのキュートなメスでした。
この瞬間のために日々、仕事を頑張ってるというひとは少なくないはず(笑)


そしてこのあと、上でライズしてたやつには
直前で見切られそれっきり。
で、この場であぁだこうだいうつもりはないけれど、
釣り場(特に人が集まるような有名な川)では釣り人の最低限のマナーってのが
あるでしょうよ!というようなことがあって
プッチ~んとなりました。(笑)
いい年した大人が…って思いましたが
せっかくいい魚を釣れたのに引きずっていては損!


あのライズはまた次回に取りに行きます!
  1. 2015/10/08(木) 09:09:55|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サイトフィッシング

ジョーラックさん夫妻と。
川はこないだの強風により
木が倒れ、ポイントが絶望的なことになっている場所も。
ハッチも少なく、狙っているサイズに
上を向かせるまではいかず、
なかなか反応がない時間がつづいた。

場所を移動し、
一匹だけ浮いているのみ見つけた。
30くらいだったので狙わず、
本命が浮くのを待った。

でもなんか気になる。あの魚。
ジョーラックさんが本命ポイントで待っているとき
一人で見に行くと、浮き浮きでライズしている。
でもいる場所は吹き上がったりして、
ややこしい反転流…

ジョーラックさん夫妻も戻ってきて、
僕が狙うことに。

以前に佐藤誠治さんのサイトフィッシングの
DVDで勉強したことを生かし、
キャストのタイミングをはかる。

フライを見にきて口を開けた瞬間にドラグがかかったのか、
合わせるもなにも手応えなし…
魚はなにもなかったように浮いている。

またタイミングをはかり、
フライを1度ゆっくり見にきて直前で
Uターン…でもすぐに戻って、
パクッと。
僕の角度からは逆行で魚が見えなかったが
上で見ていたマキさんが

ヤマメだ~!!

えっ!!マジ?
腹に力入りましたね(笑)
でも谷であるのに加えて
太陽が出てない…ので写真はちょっと残念…ですが

産卵に参加したと思われる傷痕。
ここでつれるヤマメは放流オンリーじゃないということが
証明された。

30ぴったり…自己最高。
でも尺はないんだよね…あと5mmくらい。

さっフライ巻こっ
今日も楽しかったです。
  1. 2015/10/04(日) 21:43:18|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ライズリング

昼から短時間勝負に。
そこは今年の6月30日の記事でもある
ジョーラックさんと初めて一緒に釣りをしにいった
川のフラット。
覚えてますか?キャストするたびに減っていくライズ…(笑)

今回もライズを見つけるも、
ワンキャストで一番大きいと見られたライズは止まった。
30分後、また始まる。

ハッチしているものはわかってるし、
だいたい食っているのもわかってる。
フライパターンも大切だか、
やはり基本はキャスト、ドリフトを完璧にこなせてこそ、
フライパターンは効果を発揮する。
わかっちゃいるんだけどねぇ。

そしてまた30分後、
またしてもライズは止まる。

そしていよいよ一番大きいと思われたライズは戻ってこなかった。

ので、まわりにいる40弱を狙うも
なかなか…
そして、ついに…コポン。

今日は半日、ライズはサイズを選ばなければ
ほとんど続いていた。
しかし、キャッチできたのは2匹。
いずれも半沈み系にしか反応を示さず、
スピナーがストマックのほとんどを占めているにもかかわず
スペントパターンやCDCダンといった水平浮きは
全く無視!

もうなにがなんやら…

でもね、今日だけでもかなり経験値を積めたんじゃないかな?
こうやってひとつずつライズをものにしていけば、
いつか…

帰り際、開きの岩影に50オーバー見つけるも
ハイハイって感じでめんどくさそうに
深みへ泳いでいきましたとさ!

そして新作てんとう虫にでたのは…
2488H#16
これサイズでも視認性はなんとか確保しつつ、
ウグイの反応は良好とくれば←
量産ですね(笑)
  1. 2015/10/01(木) 20:31:51|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
釣行記 (204)
Dry flies (35)
Nymph flies (23)
Winged Wet flies (15)
Wingless wet flies (16)
タイイングあれこれ (21)
つぶやき (35)
salmon flies (5)
Tube flies (2)
streamer (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR