鱒狂い

まったく、最近の天気はいったいどうなってるんだか…
散々降らなかったくせに
降るとなったらジトジトジトジト…
もう仕事が進まない!

そして、
我が愛竿、HARDY LRH#5が帰ってきました。
ハーディーの代理店が変わり、
LRHも廃盤となり、
色々重なって、修理は出来ないと。
2万くらいだせば、3万くらいの現行版の竿と交換とか。

ふざけるなぁ~!

という感じだったので、
折れたまま返してもらって、
ティップを3cmほど、つめてもらいました。

そして、仕事のあいまの2時間。
ホームはなんとか濁っていなかったので、
昨年ぶりに入った区間。


48cm
まったく、不本意なんですが、
あまりに急いで準備したので、
カメラを忘れた。
そしてフォーカス機能の完全にいかれてピントがあわない
スマホのカメラで…あぁなにやってんだよ!

しかもこの魚をかけてから
首筋をなにかが歩いてる。
こんなときに!
と叩き落とすといかにも甲虫類を潰してしまった感触。
首で叩き潰してしまったものは…

カメムシ…

腹が黄色っぽくて背中はみどりのあいつです。
その瞬間、あたりを漂うあの臭い。
魚とファイト中にも関わらず
手の臭いを嗅ぐと…Oh…
そ魚をピントあわないカメラで撮影、リリースし、
車へ引き返している辺りから首筋がピリピリ。
家につくころにはそこだけが軽く腫れてる感じ。




この湿度なんとかならないかなぁ。
みなさん体調崩されませんように…
スポンサーサイト
  1. 2015/07/26(日) 09:22:13|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新規開拓

前から気にはなっていたけど、
どうやってその区間に入ればいいのかわからず、
なかなか足が向かわない場所にいってきました。
三連休のど真ん中ということもあり、
しかも仕事の都合で半日だったので
川を見れればいいかなぁくらいの気持ちで
藪を漕いで…もう汗だく。

ついてから二時間。
虹鱒からの反応は皆無。
ウグイ先輩ばっかりがフライのしたで
吸い込めもしないのにちゅばちゅば…

もうほんとに辛い時間が続くので
はやくあがってコンビニでアイスを…
でももしかしたらチャンスがあるかも。
という葛藤のなか歩いた。

これだけアクセスしづらくて、
しかも先輩ばっかり…
もちろん、人の足跡もない。

そしてどよ~んとしたプール。
対岸には岩盤があり、その上に木が1本覆い被さっていた。
普段ならスーパービックポイント!!
なのだが、これまでの先輩たちの猛攻により
どうせダメなんでしょ…
ベストから飲み物を出して、一休みし、
まずは木が覆い被さっているところから。

フライはカムイ。
調度木のした辺りをゆっくり流れたとき、
ギラッと下で反転!
推定50前後といったところでしょうか。

フライをとっかえひっかえしたが反応はない。
そこで、そのプールの流れ混み付近に
CDCカディス#6をキャストしたが、ショート。
でもバシャッと40弱くらいの虹鱒が!

これは来てる!きっとまだいるはずだ!
よく回りを見ると先程まで見当たらなかった
人の足跡が沢山。
きっとここをピンスポットで知ってる人がいるんだ。
だからここはスーパービックポイントだ!
と勝手に、しかも超ポジティブにとらえ、
ティペットもフライも万全にして流れこみが岩盤に当たってるところにキャスト。


ガボッ!


フライを押さえ込むようにしてもっていたやつは
一気に下流へ走る。ものすごいスピード。
こうなると、ティペットの太さとかフック関係なしに
魚が止まるのを祈るしかない。
そしてラインが水面に刺さってる場所と全然違うところから
後方宙返りにヒネリを加えた難度の高いジャンプ!
そうかと思えば上流へまた走る。そしてジャンプ!

そんなことを繰り返しながらフッキングから15分後。

微妙に青みを帯びたヒレ。
とくにこのアブラビレなんかもう最高。
きっとわかってくれるアブラビレフェチのかたがいるはず(笑)

文句なしの59cm!
ロクマルに届かなかったがそんな贅沢は言わない。
このコンディションだもの強いよね。

最近よく耳にする

十勝ってすごいね。

ほんとに僕もそう思います。
  1. 2015/07/20(月) 09:43:58|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

暑い


暑い!
夜ジュースを選んでるふりして
自販機に飛来した水性昆虫たちをじっくり観察してるとぶつかってきました。
夏ですね。


久しぶりのホームもまるでポイントがない…
というくらいに渇水。
そして押し寄せた人の痕跡。
恐怖の持ち帰り族の痕跡もちらほら。

でも

体の側面をぎらっと光らせて
バクンと出てくれました。
渇水の影響でポイントが浅くなっていて
フッキング後も魚もどこに逃げる!?って感じで
狭い場所を走りまくる。(笑)
下流にあった流木に突っ込まれるも
グラスロッドの弾力でいなしながらも
ぐ~っと引っ張りだすことに成功。



そして、
みなさんも同じことを感じているでしょうが、

ハイシーズンとなると、こうしてゴミがね。
普段からよくいくホームとなると、
春先からゴミを少しずつ拾って、
きれいになったなぁと思ったら次から次へと。
もちろん、これいがいのゴミもありましたよ。

値札シールに書いてある店を調べると道内のお店。
先日ヒグマの森であった東京から来ていた方と話す機会があって、
北海道の自然は素晴らしいし、魚もすごい!
いいところに住んでますね!
と。
北海道にいるとこれが普通になってますが
国内でもトップクラスの釣り場としてもう少し
釣り人もそれ以外の人も自覚と誇りをもつことが必要なんじゃないかなぁ。

釣れたときは川と魚に感謝してゴミを少し拾って帰る。
釣れなかったときは次回川の女神様が微笑んでくださるようにゴミを少し持ち帰る。

そうすれば釣れます。(笑)
  1. 2015/07/13(月) 09:43:38|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ド渇水

川について驚いた
こんなにも渇水だったとは…

水は少なくても
人の数は対して変わらないというハイプレッシャー。
少し崖をのぼってプールを覗くと
確かにいる、でもみ~んな白泡の下にも隠れようと
落ち着かない様子。

ドライにはちびばかり。
久しぶりに沈めてみると

この状況で40upが出るとは思いませんでしたが
結果オーライです。
ニンフもウェイトを少なくしたものに
小さいショットを着けてコントロール重視でアプローチ。
白泡の下に潜り込ませるように流すとこの後も何匹か。

帰り際にビックプールでライズするチビを仕留めたあと
いかにも大型とみられるライズがあったが
時間切れ…熊も多いしね。



40upのストマック。
流れにのまれたテレストリアルを狙ってたのか。
沈めるテレストリアルパターンも必要ですね。
  1. 2015/07/10(金) 21:35:31|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

修業の川

先日ジョーラックさんと完敗した川へリベンジに。

蝦夷鹿とスレッドとフックしか使ってない。
このペースでいったら蝦夷鹿使いきれる気がしてきた(笑)

で、

初めての区間を開拓しようと歩いたが、
やはり渇水…
一度、40upが浮いてきてフライを
くわえるもフッキングせず。
すれてるとこれが多くてもどかしい!

そして魚が付きそうなポイントがしばらくなく、
ひたすら歩いてついた分流と本流の合流地点。
ティペットを交換してここぞいうところで

ガバンっ!!

55くらいのが出て今度はしっかりフッキング!
その直後、プッツンと…なんで?

あんなにしっかりティペット交換してたのに…
ミスノット?
それか魚の歯にあたった?
虹鱒で歯に当たってきれるってことあるの?

なぜ?なぜ?なぜ?

長く歩いて見つけただけに
しばらくはそこでへたりこんでました。


そして下流へもどり、
下流も開拓。

人工的な堰堤が何個かあり、
そこでかなりの深さの大プールがあった。
そしてその脇にコンクリートで三面護岸された
用水路のような場所が大プールへ続いていました。

まわりこんで探すといた!!
水深は1.5~2mほど。
魚は60弱ってところ。
流れはほぼなし。
クルージングしてたが、
いかにもスレにスレてるといった感じ。

いままで、魚がみえて、キャストできる場所に
立てた場合はかなり有利だと思っていた。
魚の反応が見えるぶん、フライセレクトから
ティペットサイズ、そしてなにより失敗か成功かが
一目瞭然だからである。


6xにフェザントテイル#15。

魚ってす~とよってきて
パフっ
とやるじゃないですか。

でもこの魚はゆっくりよってきてフライを
じ~とみて、パフっじゃなくて
パフパフパフって感じ。
えっ?と思ってあわせると魚はスプーク。
金魚が間違って自分の糞を吸い込んだときに
パッと吐き出すのと同じ感じのをフェザントテイルに
するんだもん。吸い込んで、吐いて吸い込んで、吐いて…

いったいいつあわせろというのでしょうか。




30分後、またクルージングをはじめて、
チャンスがあったが、結局パフパフされて同じ結果…

修業が足りませんね。
はぁ~くっそ~!!
  1. 2015/07/04(土) 08:58:33|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
釣行記 (210)
タイイングあれこれ (21)
つぶやき (36)
Fly tying (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR