鱒狂い

dunkeld

6月の上旬に合宿をする予定です。
どこかに遠征しようかどうしようか
迷い中ですが、実際十勝でいってない場所はいっぱいある!
ということで、十勝合宿です(笑)

そのために巻かなければ…人のことをいってる場合じゃない。

素晴らしい出会いに感謝し、
素晴らしい北海道の自然に感謝し、
巻く。
それで釣れたらなんも言うことないんじゃない?



でも、
ひさしぶりウェットでも巻こうと思って
シルバーマーチブラウン巻いて、
なぜかダンケルド。

ほんとにうまくいかない!!
もうなぜ?って感じで小一時間費やすも
このありさま。
真面目にドライ、ニンフ巻けば何本巻けたのか…
それは野暮ったいですが、
もうほんとにコンプレックスを与えてくれるフライパターンですよね!

Dunkeld!!
スポンサーサイト
  1. 2015/05/29(金) 22:35:39|
  2. Dry flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

偵察

今日はホームから離れ、
昨シーズンぶりにホームから少しの近所の川へ。

水温は14度と申し分ないが
水量が多い気がする。
透明度は高かったので魚を探すと

岩盤わきの流れが吹き上がってるややこしいところに
余裕のゴーマルオーバーを発見!
しかし吹き上がってる流れのため、
ニンフをどう流すか…と考えていると、
魚の頭上をトンビがスッと飛んでいった。

それに驚いた魚は流真に向かって
ビュンと走っていきました。
それから30分待てど暮らせど
魚は結局現れず…

でも魚は見つけた!
釣れなくても魚を見つけれると
なんだか充実した一日でした!
  1. 2015/05/28(木) 20:33:37|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

僕は大きな 岩の上から深いプールを覗いていた。
マダラカゲロウのスピナーが乱舞し、
20~40㎝くらいの魚がライズしていた。
でも、それにはてを出さず、
あくまで狙いは大物といいながらも、
足場が高く、ランディングするにはしたまで
降りなければならないので面倒臭いというのが本音だった。

魚たちのライズを見ながら30分ほどボケッとしていた。

ふと気づくと、
プールの流れ込みのよれているところに
さっきまではいなかった明らかに桁違いな
魚がいた。
そしてヤツは水面から1m位のところで定位し、
水中でたま~にパフッとやっていた。

ティペットはいつもの5x。フライはヴィンテージフックに巻いた
取って置きのフェザントテイル。
タイミングをはかってキャストした。
ヤツは一瞬フライを見た様子があったが
その瞬間によれた流れにリーダーが流され
ドラグがかかってしまった。
やつはフライをちらっと見ただけ。

こういう場合、もう一度キャストしたくなるが
相手が相手なだけに同じフライを繰返し流すのも
スプークさせてしまう気がした。
思いきってストーンフライニンフ。
ティペットはさっきよりも少し長めにとった。



スッと沈んでいくフライをちらっと見たヤツは
ゆっくりと近づいていき、
パフッ

正直気持ちの準備ができていなかった。

あわせると、上流に向かって一気に走り、
手元のラインはあっという間に出され、
魚は横っ飛びジャンプ。
そうかと思えば下流に向かって走りだし
僕は岩から降りようとしたが、
完全に無理だと思った。いいままでに聞いたことのないくらいの音で
リールが逆回転。

なんとか岩から川に降り、急いでやつの後を追いかけていった。
20mほど下流の水面に突き刺さるフライラインとは
全然違うところからまたジャンプ!



足の震えが…(笑)ネットからはみ出ちゃってるし。



68㎝だもん。もう魚じゃなくて獣。

いままでで一番強かった。
右手はまだしびれてます。
  1. 2015/05/26(火) 21:51:39|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ぱっか~ん

水面が

ぱっか~ん
なにその音ぉ~?

あのCM結構好きです(笑)

53cm

やっと新しい竿にも入魂できたのかな?
やっぱりドライは楽しいですね。
でも思ったよりも魚が痩せていて…
産卵から回復してないのかどうなのか。
夏にはいいコンディションになっているでしょう!

ありがとう!
  1. 2015/05/20(水) 19:06:55|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

HARDY FIBALITE

ご縁があって。



初のグラスロッド。
8.6の#6。
振ってみて、ラインをのせてみて、

うわぁ~って感じでした。

釣れても釣れなくても楽しい!
40に一歩とどかない鱒をかけたが、
グラスロッドの追従性というか、
弾力性はやはりすごい!まったく余裕でキャッチできました。
魚のダッシュをびよ~んと吸収してから
バットでぶわ~と寄せてくる感じ。

これで50くらいのかけたらどうなるんだろ。
  1. 2015/05/17(日) 21:21:43|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Higenaga larva

普段から
拍手やコメントにはほんとに感謝しておりますが、
先日のロクマルオーバー自慢しまくり記事にも関わらず
多くの拍手やコメントありがとうございます。


あの魚をとった
自分オリジナルのヒゲナガラーバを紹介します!

マテリアルはこんな感じです。

フック:ダイイチ1710#8
テイル&レッグ:グースバイオット(ブラウン)
リブ:コパーワイヤ
ボディ(後ろ):ピーコックハール、オーストリッチ(ブラック)、シールズファー(オリーブ)
ボディ(レッグまわり):ブラックベア アンダーファー
ヘッド:スレッド


肝心なボディなんですが、
ピーコックハールは2本、オーストリッチは1本。
ピーコックハールは長さがあってそこそこフリューの
あるところを、つかってます。
先端側を揃えて止めた方がきれいにまけます。

そしてシールズファーはダビングループで。
これはうっす~くで十分です。
写真は少し多いです。
まずはダビングループを軽く回転させて
シールズファーを巻き付けたあと
ピーコックハール、オーストリッチを
ダビングループと一緒にぐるぐるねじって
やると、

こんな感じなるはずです。
写真では分かりにくいけど、
この時点でヒゲナガっぽさが出てくると思います。
そしてそのままぐるぐる巻いていって

リブを巻く前にシールズファーの長いのが
チョロチョロでてるのでそれをピーコックハールや
オーストリッチのフリューと同じ長さくらいになるように
カットしてからワイヤをリビングしてください!


ダビング→レッグ→ダビング→レッグ→ダビングでヘッドを巻いておわりですが、
ダビング材はブラックベアのアンダーファーを使ってます。
なければシールズファーのブラウンがいいかなぁ。
ちなみにレッグは4本ですが、釣果に関係あるかどうかは
わかりません。ちなみにロクマルオーバーはレッグちゃんとついてました(笑)

スレッドはダンビルの6/0。ブラウンです。
なければユニのcamelがいい感じの色ですね。
ヘッドセメントで艶を出して完成!

左がロクマルを仕留めた実物で
右が今回巻いたやつです。
是非試してください。
今回はざっと紹介したので
わからないことがあればコメントしてください!

ながながと失礼しましたぁ。
  1. 2015/05/16(土) 09:38:53|
  2. Nymph flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

来た来た来たぁ!

リベンジへ…

一匹を狙って取りに行く。
そんなことを思いながら、歩く。

そして…


ラインがスッと動いて、
あわせるとびくともしない。
また根掛かりかぁなんて思った瞬間、
走りだし、ジャンプ!

でっデカイ!
すぐちかくには流木群。
そこにはいられたらい一発で終わり。
1度枝にティペットを支点にして引っ掛かったが
すぐにラインを送り、リーダーのバットから
フライラインぐらいが支点になるようになんとかもっていく。

ティペットは5x。
ノットとかかりどころを信じてながら
竿のティップでだましだまし開きに誘導する。
そしてヤツが疲れを見せたときに
竿のバットを使って一気に浮かしてランディング。


62cm。
戦ってる最中、ほとんど川底にへばりついてたヤツの
重みはまさかとは思ったがやはりロクマルオーバーだった。

フライはダイイチ1710の#8
ヒゲナガニンフです。


やっぱりロクマルは存在感が違うね!!
やりっ!
  1. 2015/05/11(月) 21:26:15|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

近状

ハイシーズンを間近に
まとめ買い…


そして肝心なティペットも。
やっぱりこれは他と比べて全然強い!


そして、そして

なまらかっけぇフックをゲット!

とっておきのフェザントテイルを使って巻くと
なまらかっけぇわ。これで釣れたらたまらんでしょうね。

先日見つけたけど無視された魚にリベンジしてきます!
  1. 2015/05/09(土) 09:51:25|
  2. Nymph flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
釣行記 (197)
Dry flies (35)
Nymph flies (23)
Winged Wet flies (15)
Wingless wet flies (16)
タイイングあれこれ (20)
つぶやき (34)
salmon flies (5)
Tube flies (2)
streamer (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR