鱒狂い

No Wight Nymph Method

まず、
僕のニンフスタイルは、ルースニングではなく、
フローティングライン、リーダー、ティペット5~6x(←ここ重要!)
にニンフを結んで、ほとんど場合はショットもつけています。
基本的にアタリはリーダーの動きや魚が見えている場合は
魚の動きなんかで会わせていきます。




ここ最近、十勝の魚たちも大分苛められて、
ニンフをやっても、なかなか反応が得られないようことが
多くなってきました。
やはり、魚を釣るにはナチュラルドリフトは
もう現在のフライフィッシングにおいては当たり前すぎることです。
ドライフライの場合はドラグがかかっているかどうかが
一目瞭然ですが、
ニンフの場合は見えていないので、そこが難しいですよね。
第一、ドライフライが水面という二次元の釣りだとしたら、
ニンフの場合は水中を立体的にとらえて流さないといけないので、
三次元の釣りだと思っています。
つまり、三次元のナチュラルドリフトを目指していくわけです。
が、ここで一番の問題なのがニンフにはティペットという
糸が水中で複雑に引っ張られて現実的には三次元のナチュラルドリフトは
不可能に近いということです。

そこで、なるべく細い糸ということで5
を使うわけです。

ニンフの釣りにおいて、
まず重要なのはボトムをとれるか、とれないか。
そればかり気にして、
いままではニンフを巻くときにとにかくフォルムが
崩れないギリギリまでウェイトを巻き込んでいました。

しかし、三次元のナチュラルドリフトを目指すなかで、
ニンフのウェイトってすごい邪魔じゃない?
だって、本物の生ニンフなんてすごく軽くて
水流のままに流れているのに…
ウェイトの入ったニンフの流れかたそのものが
もはや不自然でしかないのではないか?

というようなことで、
ノーウェイトで巻いてます。

ショットも小さいのをつけて、
リーダー、ティペットのあわせて16~18ft。
これで、ドライフライをやるときにスラックをいれてキャストするように
全体的に軽い仕掛けをかなり多めにスラックをいれて
キャストして、メンディングを繰り返して。

魚がついているであろうピンポイントで、
三次元のナチュラルドリフトができるように…


57。ホウライマてでしたね。

そして、44。

いつもならショットがボトムを叩いてフライも
沈んで根掛かりするようなところも、
フライがふわふわ漂ってくれてる感じ。

コツコツっとショットがボトムを叩いたのち、
スッと入るリーダー。


久しぶりに渾身の釣りでした。
ちょっと熱くなって長くなっちゃいました(笑)
スポンサーサイト
  1. 2014/09/27(土) 09:34:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

秋風

最近、川に行けてなかったので、
しばらくタイイングに精を出していました。

で、最近出回るようになったこのハックル。
パッケージはチープな感じでコストを押さえた感じになってます。

どうしてもウェットのスロートに使っていたチャイニーズハックルは
特にブラックなどのカラーの場合、
ハックリングしたときに、ボリュームが出ないなぁと思っていました。

このハックルはウェブの部分が多いので、
3回転もしたら十分なボリュームでハックリングできます。

そして、やっぱりマツーカですよね。
このハックルはこのフライのためにあるのか思うほど、
いい感じに仕上がります。

で、
どうしても巻くときにクルっとなって、
まっすぐ巻き止められないマテリアルをまっすぐ
ビシッと巻くには、

こうやって、ペンチでストークを潰しておくと、
ビックリするくらい楽に巻けます。
これはサーモンフライに挑戦するようになってから
思い付いて始めました。みなさんはもうやってた?(笑)

話はかわって、
無理やり川にいく時間をつくって…

ちょうど写真の真ん中辺り。枝の先端のさき。

こいつ軽くロクマル越えてます。
でもそっぽ向かれましたよ(笑)

TMC2488H#12に巻いたビートルパターン。
これをジュボっとやってくれるはずだったんだけどなぁ(笑)

またいつかリベンジですね。
  1. 2014/09/25(木) 22:08:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

確か今年の春先だったか。
今年はサイトで厳しい場面には
アントを沈めて釣ってやるぜ!
みたいな記事を書いた記憶があるのですが、
確か春くらいだったはずです。
気になった方は確認してみてください(笑)

ザグバグやヘアズイヤーを無視したゴーマル。
上流側から鼻先へ小さめのショットをつけて、
流し込む。そして、魚の影がフッと横に逸れたのを
確認して一呼吸おいてから
グッと竿を煽ると魚は下流へすっ飛んでいった。
その途中でフッと軽くなって口切れでした。

フックはTMC2488H#16
蟻にはぴったりのサイズだけど、
こういうサイズで大型を仕留めるには
リスクが高いですのね。

でもこういう神経戦のようなしびれる釣り。
キャッチできなかったけど、食わせただけでも半分満足しちゃってるなぁ…(笑)

みなさんもアント、巻いていった方がいいのでは!?(笑)
  1. 2014/09/13(土) 20:03:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ビートルパラシュート

夏ならば、フックサイズ4番くらいのドライフライで
つり上がれば、なにかといいことが多いですが、
季節が進み、ここ最近はよっぽど状況がよくない限り、
フライのしたで反転されることが多いですね。
きまぁ反応がないことがほとんどになってきましたが。

そこで重要になってくるのが、
フックサイズ8番、10番のフライ。
釣った魚のストマックなんかみると、
やっぱりまだまだテレストリアルが入っていますね。

フックはダイイチ1550#8
まずはピーコックハール4本グルグルまいて、

カーフテイルをポストの後ろがわに。
エルクヘアカディスの要領で巻き止めます。

そして、ピーコックソード。
これが巻き止めるのにコツが要りますね。
このフライを巻くうえでのポイントは
カーフテイルを巻き止めるときも同じですが、
ポストの後ろでポジションを決めるくらいに
軽く止めておいて、ポストの前側でしっかり止める。
という感じでやれば、以外にピーコックソードもいうことを聞いてくれます。
マテリアルの巻きとめ場所を考えらながらやって、
思い通りにマテリアルをコントロールできれば
タイイングがグッと楽しくなりますね。


こんな感じで、
あのビックワンをとりたいですね~。
秋のビックワン。夏の魚と意味が違うんだよなぁ。
  1. 2014/09/10(水) 13:59:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

秋の釣り

最近、通っている川があります。

普通は50㎝を越えた辺りからオスは鼻曲がりに
なり、いかつい顔つきになってきますが、
ここの魚は40㎝にも、みたない大きさで鼻曲がりになっている
個体もいるほど、早熟なのか、どうなのかわからないが、
40㎝でも十分いい顔つきのオスがつれる可能性が高い。
ここで50㎝後半からロクマルのオスを釣ったら
いったいどんなイケメンに出会えるのかとワクワクしています(笑)

やはり、季節は進んでいるようで、
なかなかドライに反応が得られませんでしたが
ニンフで一発。
46㎝。

そして、
40㎝。

最近、ニンフをウェットフックに巻くというのが
いまの自分のなかで流行っています。
だって、ウェットフックのほうがカッコいいフックが多いんだもの…

Ken Sawadaのクラシックスプロートフックの#10に
ザグバグを巻いています。上の二匹はこれできました。



最後に、これをみてください。
上流に100mほどの、瀬があり、その流れが
早すぎもなく、遅すぎもなく、絶妙な流速で一点に集中していたポイントでのこと。

一発ででたが、一度の突進のあと
フッと軽くなった。フックが伸ばされた。
完全にロクマルだった。
フックは以前にも54cmをとったこともあった
TMC212TR#7。


「1xファインワイヤー?なめんなよ。」

やつが立ちすくむ僕にそういった気がした。
いずれまた挑戦します。
  1. 2014/09/08(月) 21:31:56|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
釣行記 (210)
タイイングあれこれ (21)
つぶやき (36)
Fly tying (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR