鱒狂い

アメマス釣行…?

先日、道東のアメマス河川にいってきました。
少し増水しておりましたが、問題ない程度でした。
ただ、少し残念だったのが一部護岸工事をしていて
その下流に濁りが入っていました。

川に重機がはいってガコンガコンやっている近くでは
なかなかやる気になりませんね。




さて、
今回の釣行はティペットを6xしばりでやりました。
理由はたくさんあるのですが、
アメマスを狙う場合、ボトムまてしっかりとフライを沈めて流す必要が有ります。
ティペットが受ける水流の抵抗を極力少なくしようというのが大きな目的です。

エッグなど、視認性のよいフライを使うとそういう普段あまり気にしていない
部分に気づかされます。







川に到着して、早速群れを探す。
古い鉄道かなんかの橋がかかっていて
流れが橋脚にぶつかって深くなっている。



橋の上から覗くと、おそらくアメマスと思われる群れを発見した。
川に降りてまずは気楽に一匹を釣るために、エッグを結んじゃった。


水深と流速を考えてショットをつけたり、
微調整をするとリーダーに反応が!

久しぶりに遡上アメマスとのファイトを楽しもうかとおもったが、
思っていたよりも魚が強い。

「いきなりロクマル来ちゃったかなぁ~!?」

なんていっていたが、いつまでたっても浮いてこない、
どころか、流真に向かってぐいぐい走っていく。



6xだったことを思い出して慎重に戦う。
そしてやっと浮いてきた。


「んっ!?なんか赤いのが一瞬見えたような…」


「えっマジ…」
IMGP1593_convert_20131125094759.jpg

めっちゃいいニジマス。50ジャスト。
この透き通るような銀色にオリーブを背負って、頬を赤く染めた理想の魚。

満足。満足。大満足。

アメマスも忘れていませんよ?
IMGP1595_convert_20131125094857.jpg

今年は群れの数が少ないとか何とか…
IMGP1596_convert_20131125094958.jpg



Many thanks!!
スポンサーサイト
  1. 2013/11/23(土) 15:44:13|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

気づけば11月も終わりに近づいています。

朝晩の冷え込みもいよいよという感じで、
もう冬ですね…


思い返せば、
思わず頬が緩むような魚との出逢いや、
レッドゾーンまでテンションをかけた糸と糸との結び目が
パッと切られて逃げられた時のあの気持ち…

逃した魚はいつになってもデカイ。


ここ最近、天候に恵まれない日々が続いておりますが、
ふわっと暖かい日を見つけてはいっております。


でも、水温は6℃前後。風がふけばかなり寒い。


なんとか一匹目を釣って、ストマックの内容物から
ニンフをセレクト。

この時期の釣りは、圧倒的にニンフ。
基本的にオールシーズンニンフを結ぶ機会が多い私ですが
ショットでボトムをノックするように狙っていくのがキモですね。
IMGP1587_convert_20131120205643.jpg


この日はフックサイズ14番に巻いたバーズネストでしたね。
12番に換えた瞬間、魚からの反応が悪くなり
つくづくおもしろいなぁと思います。

こんなトラディショナルなフライでも…
IMGP1585_convert_20131120205558.jpg

20~35cmくらいのが10匹ほど相手をしてくれました。
決して大きくはないけど、これでいいんだ。
リリースするときは手がつらいけどね…(笑)
IMGP1583_convert_20131120205512.jpg

みんな!また来年会おう!
  1. 2013/11/20(水) 19:27:52|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なんというか…



最近は色々とこまごまありまして、

こんなワイルドなバイスを作ったり、
IMGP1566_convert_20131110150929.jpg

そんなワイルドなバイスで今時期使う予定もない
6番や4番の大型ドライフライを巻き倒したりしていました。



「今シーズンの釣りはもうそろそろ終わりかなぁ。」
だとか
「アメマスでも狙いに行こうかなぁ。」
という具合にニジマス狙いをあきらめかけていましたが
またしてもいいポイントを発見してしまい、
いろいろとやっていました。


そして先日、ニジマスを狙いに行ったはずが
ダムから遡上してきたイワナ(アメマス)?
IMGP1569_convert_20131110151133.jpg

43cm。決して大型ではないが、かけるまでがすごく楽しかった。

こいつを見つけて、
6xのティペットに18番のフェザントテイルを結んだ。

流れはほとんどなく、魚から50cmほど離れたところにキャスト。
作戦ではフライが着水してフォール中に魚が気づいてお決まりの
「パフっ」
とやってくれるはずだったが、
フライを見に来たはいいものの、フォールしていくフライを
じっと見たまま川底までついていった。

着底したフライをじっと見ていたので
ずりずりと底を引きずるように動かすと
魚も同じ距離を保ったままついてくる。

思い切ってふわっと20cmほどフライを浮き上がらせると
一気に加速して
「パフっ」とやってくれました。
魚心をくすぐる動き、たまんないです。


そしてしばらく川岸でボケ~っとしていると
足元にいたウグイさんの群れが一気に逃げて行った。
「なんで?俺はなんもやってないのに…」

でもすぐにその理由が分かった。
メーター級のあの魚がすぐ足元を…

そしてウグイの逃げて行った方向でいきなり、
「ばがぁっ!!!!!!」

マジで。

しばらく放心状態で、その場から動けませ~ん。

そして現在、
取りつかれたようにストリーマーを巻いてる次第であります。
IMGP1579_convert_20131110152016.jpg

僕の本気度合いわかる?(笑)
  1. 2013/11/10(日) 14:43:14|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
釣行記 (210)
タイイングあれこれ (21)
つぶやき (36)
Fly tying (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR