鱒狂い

雑誌


IMGP1383_convert_20130729085251.jpg

フライを始めたときから毎号購入している雑誌。
まるでフライの教科書のようになんども読み返しては
タイイングのヒントを得たり、釣行で役立てたり…


えっ?教科書はなんども読み返したりしてないだろって?



それはさておき、
今月号は北海道がメインで紹介されていますね。
自分のホームリバーの名前が載ってて焦ったり。


もうそれ以上書かないで!!


ページをめくるのがこんなに恐ろしかったことは
学生時代以来でした。特に化学はわかんないだよね~(笑)


でも自分が恵まれた土地で暮らしていることを改めて実感しました。



北海道で釣りをする場合、
フィールドが広大なだけに初めての人は
どこでどういう風に釣っていいのかわからないことが多いのでは…

そこでフィッシングガイドの存在が大きいように
今月号を読んでいて思った。
確かに、自分は家から15分でビッグレインボーの
泳ぐ川にいけるし、30分もあればその選択肢はさらに増える。

でも道外から北海道に来る場合、
時間とお金をたくさん使わなくてはならない。
また、北海道といえど、いけば簡単にビッグレインボーに
出会えるかと言われれば、自分はそうではない。






でもね、魚を求めて川を徘徊している時間が実は楽しかったり…
スポンサーサイト
  1. 2013/07/25(木) 12:17:49|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぶは~



IMGP1379_convert_20130724194944.jpg
IMGP1378_convert_20130724195037.jpg


ご無沙汰してました。

よくありがちなCDCカディス系のドライフライ。
サイズは6番。
こういうのもたまに巻いて、持ってるんですけど
いつもはフライを沈めて沈めて…



そして先週の釣行で、暑さですっかりバテぎみになって
沈める神経質な釣りに疲れてきた頃、
絶対いるでしょ!
というような場所でこれをプカプカ、ドンブラコと
流していると、
まさにいま、一番深くなっているところを通りすぎかけたとき、
底からオリーブに赤いラインが入った素晴らしい魚がういてきて
これを横からひったくっていった。


魚の鼻先から尾びれまですべて丸見え。


ゆうに50㎝は越えていて、もしかするとロクマル…



フッキング後、魚が怒り狂ったように暴れたあと
流木に向かって猛ダッシュ…




どうすることも出来なかった…(笑)

IMGP1375_convert_20130724201225.jpg

久しぶりにやられたなぁ~
だからこそ釣りは楽しい!!
  1. 2013/07/22(月) 10:03:47|
  2. Dry flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホウライマスちゃん

基本的に、曜日の関係のない仕事をしているので、
土日、祝日にはなかなか川に脚がむかない



特に最近は、土日になると釣り人が
大勢川に押し掛ける、
何てことが当たり前におきています。






そうなると自分の思ったポイントに入れなかったり、
色々ありますよね。





それを避けるためにも平日釣行が多いさいきんです。




でも!

やっぱり時間があるといきたくなっちゃうよね。
だって通りすがりに川見たらいっぱい釣りをしている人がいるんだもん。



そして今日、ほんのすこしだけいってみようとホームリバーへ。









最近のスタイルというか、ねらいかたとして、
ニンフやイマージャーで沈めてやるのは変わっていませんが、
川を歩き回って、投げまくって、
「そのとき」がくるまでアグレッシブに攻めまくる、

といったつりではなく、

大物の気配があるポイントで
とにかく魚を見つける
といった感じでやっています。

つまり、サイトフィッシングだったり、
魚を確認してからやる半サイトフィッシングだったりします。



このほうがグッドサイズを釣るためには効率的だと思ってます。

あくまで持論ですよ?




そしてこのポイント。
IMGP1349_convert_20130715090908.jpg



この白い枝のすぐしたにやつはいる。
白い枝から3本枝が出てますが、
右側の水面にぎりぎり刺さっていない枝の
ほんとにすぐ下。
IMGP1348_convert_20130715090826.jpg

なぜなら対岸の藪のなかからこっそり覗いたら
赤いほっぺがばっちり見えちゃいました。




一時間くらい粘ってついに、


IMGP1362_convert_20130715091558.jpg



先日に続いて50ジャスト。

しかもホウライマス。物凄く走られました。
IMGP1367_convert_20130715091254.jpg
水中写真はいつ撮ってもうまくいきませんね…
IMGP1370_convert_20130715091820.jpg

フライはこんな感じ。ヘッドに巻いたピーコックハールが
光の当たる角度によっていろんな色に見えて
それが虫っぽさを引き立てているのかも…





あぁ~今日も暑かったなぁ
  1. 2013/07/14(日) 21:44:31|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

嘘のようなホントの話



先日の釣行であった出来事をひとつ。









いつも通り川を歩いていると膝ほどの水深の岸際に黒い影…

しかもかなりのサイズでふらふら定位している。
かなりドキッとしたが、なにかおかしい。





なぜかというと、川の中にいるニジマスをみると
ふつう川底に似た色であったりしますよね?
または頬の横の赤いラインが水中でもぼんやり見えたり。


でもこの魚はとにかく真っ黒
そして見ていると流れてくる餌をパクッとやっている様子もない。


リリースして時間がたっていない魚は黒く見えることがあると
FF誌に書いてあったのを思い出した。




じゃ釣れないなぁ~と思って近づいてみることにした。




ゆっくり近づいていくが逃げる様子は一向にない。
そして魚はすぐ目の前。
真っ黒だけどやはりニジマスであることは確かだった。





するとさすがに魚も嫌だったようで泳ぎだしたが
こっちに向かって泳いできた。

「ちょっっ待って待って!」

とっさにネットをだすとそのままスッとネットイン。




これ、嘘じゃないよ。
IMGP1327_convert_20130713095207.jpg

ネットの先端からグリップエンドまでちょうど
60cmあるのでこの魚は59と58とかといったところ。

口にはリリースされた後もないので
リリース直後の魚ではないことは確かですが
この尾びれ、どうしたんでしょうか。
IMGP1329_convert_20130713095420.jpg


産卵後?

誰かわかる人いませんか~!



この魚のコンディションをみてすぐにリリース。
IMGP1324_convert_20130713095021.jpg

どうかはやく元気になってください。
  1. 2013/07/13(土) 10:11:26|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

病み上がり…




皆様こんにちわ。


最近はあついですねぇ。ここ北海道の東地域も
毎日30度近くで、湿度もモンモンという感じです。





そんなときに体調を崩し、2週間ほど釣りにいけない日々が続いていました。

そしてやっと昨日、まだ若干風邪の余韻が残っていますがいってきました。




この日は朝から小雨が降ったものの、気温が30度近くあったため
かなりの湿度。
でも風邪でやられていたのどにはすごく優しい感じ。
IMGP1325_convert_20130710090125.jpg










使ったフライはこちら。
IMGP1340_convert_20130710085548.jpg
IMGP1341_convert_20130710085739.jpg

いつもお世話になっているショップに飾ってあるフライボックスの
中にこのフライがあり、
「めっちゃ釣れそうじゃん」
ということでマテリアルを教えてもらって巻いてみた。



シルクスレッドで巻いているんですけど、ヘッドの処理が
普通のスレッドと違って少し面倒。
IMGP1345_convert_20130710085403.jpg


水中を流れるこのフライを見たとき
「やっぱいい感じだ」
今日はこのフライ一本で釣る!!

そしてこの日の川の状況は、
とにかくチビ虹がフライに猛チャージ。
流れに立って、リーダーやラインの浮力がなくなってきたから
ラインドレッシングしようとしたときに
うっかり竿のガイドに引っ掛けてあるフライを川に落とそうなら
すぐ足元というところで食ってきちゃうといった始末。
「そんなに僕に会いたかったのかい?」
なんて寒いことをいいながら釣り上がっていく。

IMGP1322_convert_20130710085800.jpg

チビの猛攻でフライはぐしゃぐしゃ。




そして…
IMGP1335_convert_20130710090304.jpg
50cmジャスト。

この虹鱒、黒の斑点が全くない。これなんで?
虹鱒だよね??





気温があがり、いよいよ夏ですね。
魚もコンディションがさらに良くなり
グットサイズがかかると、5xのティペットでは
かなり心細くなってきますが、
結び目をしっかりチェックしていきましょう。
そして、体調管理には気をつけて行きましょう。(笑)
  1. 2013/07/10(水) 09:23:22|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ご報告…

お久しぶりです。


一週間ほど前から風邪を引きまして、
それがちょうど仕事の忙しい時に重なってしまい
カオスな状態でした。




発熱と喘息、それに覆い被さってくる仕事。



朝仕事にいって夜に帰ってくると
すぐさま寝るというベットと職場の往復をする生活をしていました。




現在は仕事のピークは過ぎたものの、
相変わらず微熱と咳が続いております。




やっとすこしだけ余裕があるのでこうしてパソコンの前に座っております。



でもまだまだ釣りに行けるようなコンディション出はないことは確かです。
よって更新が滞ることが予想されますが、
復活した際にはどうぞまたよろしくお願いします。






  1. 2013/07/04(木) 14:42:29|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
釣行記 (197)
Dry flies (35)
Nymph flies (23)
Winged Wet flies (15)
Wingless wet flies (16)
タイイングあれこれ (20)
つぶやき (34)
salmon flies (5)
Tube flies (2)
streamer (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR