鱒狂い

車中タイイング

 最近、川で釣りするには時間がないけど、少し時間をもてあそぶ時が多かった。

そこで、タイイングをしましょうということでやっています。
IMGP0342_convert_20120426223738.jpg

最近はウェットばかり巻いていてなかなかドライを巻いていないので不足気味のドライを巻いています。ウェットはかなりマジになって巻かないといけないので車の中ではなかなか厳しいですね。とくにウィング。


で、今日は注文していたマタレリのボビンホルダーが届きました。

16/0のスレッドを使っていて、それをマタレリのボビンに装着しようとされた方ならわかると思いますがサイズが合わないんですよ。でもマタレリのボビンで巻きたい、でも16/0も使いたいという状況がしばしば机のうえで起きていました。
IMGP0343_convert_20120426223824.jpg

これで思い存分16/0のスレッドでマタレリを使っているという優越感にひたりながらタイイングを楽しむことができます。
さて、巻きましょう。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/26(木) 22:49:23|
  2. タイイングあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はタイイング。

川は相変わらず濁っています。釣りができる川はおそらく小規模河川なので、6番の竿しか現在持っていなし自分にはやれる川がないのが現状です。


そこで先日アメマスなどに反応のあったフライを巻いていきます。
ピーコッククイルがなくなったので奮発してAAAというランクのやつを購入しました。でかいですね。
IMGP0336_convert_20120425221210.jpg
こうやって羽を見ると本当にすごいと思います。こんな羽が自分の体に生えていたら…
IMGP0337_convert_20120425221354.jpg

おそらくほとんどの人が見たことあるであろうパターンですが、効きます。やはり有名なパターンというのは実力があります。
ウェットフライの命でもあるウィングがそれなりにうまくいくとうれしいですね。
IMGP0338_convert_20120425221500.jpg

写真のフライは一回しかヘッドセメントを塗っていないのであまりきれいではありませんが、ここからあと4回くらい塗って仕上げていきます。


さて、次のフライはオリジナルなので名前は考え中です。
IMGP0340_convert_20120425221944.jpg
尻尾からブラウンマラードのウィングに使用しない先っちょの部分。おなじみのピーコックハールを2本まとめてねじっていき、写真ではわかりにくいですがウィングの根もとのボディはオーストリッチの黒を少し使っています。そしてハックルより先にウィングにターキーを巻いて最後にパートリッジを2回転。


釣れるかわかりませんが、入手しやすいマテリアルしか使っていないので気持ち的に巻きやすいです。釣れたら大量生産していきます。

なのでこんなにタイイング楽しいんだろ。
  1. 2012/04/25(水) 22:29:54|
  2. Winged Wet flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アダムスP

 先日の竿を折った釣行でわかった事がひとつ。

腕が悪いのはもうすでに分かっているので、それ以外で。最近、アメマスを狙ったニンフや昨シーズンから続いているウェットフライをきれいに巻く、ということを日々机に向かって取り組んでおります。つまり、普段釣り上がりで使うドライフライがないということが起きています。

あるのは昨シーズン、ライズを見つけては使ったCDCを使った一発釣ったら使うまでに時間がかかるフライばかり…


と、いうことでアダムスパラシュートを巻きます。これは誰もが使ったことがあるであろうフライです。
IMGP0331_convert_20120422175545.jpg
 フックはTMC102Yの♯11。久しぶりに巻くと楽しいです。
IMGP0333_convert_20120422175100.jpg
最後は子牛の尻尾をポストに使いました。ヘアスタッカーには負けない!というような勢いで縮れているので夜にカンカンやっていると家族に怒られます。(笑)
  1. 2012/04/22(日) 18:18:07|
  2. Dry flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一日遅れの更新となります。釣りにいくと疲れてその日のうちに更新できないということがしばしばおこります…
IMGP0325_convert_20120422173002.jpg

 昨日は先日行ったスプリング・クリークに行ってきました。

先週よりは水温の上昇を期待してドライで行きました。

さっそくライズを発見し久しぶりのドライでキャストミス連発…何匹か釣って型のよさそうなのがライズしだした。

ライズしているポイントは流れのほぼないプールになっていてロングキャストをする必要があった。気合いを入れていざキャスト!
「バンッ!!!」…?

高校時代にリサイクルショップでなんとか購入したマリエッタの4番の先がリーダーにぶら下がっている。


そう、折れたのだ。


原因はバックキャストが枝に引っかかったまま知らずにキャストしたことが考えられた。無情にもライズは続いている。
仕方ないので車に戻って、6番を使うことに。ライズのポイントに戻ってみると、まだバシャバシャやっている。枝に注意しながらキャストすると一派で出ました。4番なら楽しいであろうサイズだったが、あいにくの6番。簡単にキャッチ&リリース。

IMGP0324_convert_20120422174515.jpg

その後も6番には物足りないサイズを釣ってすぐ終了。

またお金がかかります。
  1. 2012/04/22(日) 18:04:47|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春です。動物たちには春季発動のスイッチがはいったようです。危うく踏みそうになりました。汗
IMGP0318_convert_20120420211255.jpg

今日はホームリバーにいってきました。

 ポイントは、今の自分にとって最大の課題というか目標であるポイントです。作シーズンはこのポイントで50~60の虹鱒をかけては流木に潜られたり、ばらしたりしてキャッチに至りませんでした。今シーズンはこのポイントであの大物たちをキャッチすることが目標です。

 水温は9℃。濁りが入っていて膝までウェーディングするとつま先がぎりぎり見えるくらい。


タイプ6にシンキングリーダーをつけてウェット行きました。大きな流れ込みからキャストしては1歩下りながら慎重に流していった。


ちょうど流真から外れて流れが緩いながらも細い流れの筋をリトリーブ。すると竿に重さが伝わってきた。大物特有の大きく首を振る感じが伝わってくる。

 でもなんか重く潜ろうとするけど走らないなぁ。とにかくネットを準備しランディングに備える。

魚が浮いてきて、キャッチ。まさかのアメマスでした。
IMGP0321_convert_20120420212347.jpg

この川は海までつながってはいないのでイワナになるのかな?よくわかりませんが46cm。

その後も30cmくらいの一匹かけましたがジャンプで外されました。そして今日は終了。

ニジマスが釣りたかったけどまぁ良しとしましょう。
  1. 2012/04/20(金) 21:25:49|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初ニジマス

今日はほとんどの川が濁っている状態なので、最初は年に何度か行く小規模の川へ。
IMGP0304_convert_20120416000820.jpg


思っていた以上に増水していてなかなか厳しい状態でした。あきらめて今日は帰ろうかと思っていると、ほかの釣り人から聞いたことのある川に地図を見て移動するとこに…なんとかついて膝まである雪をかき分けてなかなかいいポイントに到着。
 この川は湧水の川なので水量、水温ともにかなり安定していました。
 まず最初はいたずら半分でウェットを流すことに。流すといってもポイントがかなり小さいので流し込むことしかできませんでした。すると枝が流れてきて引っかかって竿にテンションがかかかと思ったら水中でギラっと光りました。


フライを#10のコーチマンに変えて流し込むと一発。サイズは15~25cmくらでしたが一応今シーズン初の虹鱒です。その後も何匹追加して、緯度していると深みに40まではいかないが明らかに30cm衣装はあるニジマスを何匹か見つけましたがダメでした。技術不足ですね…

IMGP0303_convert_20120415235226.jpg



その後帰ろうかと歩いていると枝の後ろのプールにライズリングが。先日記事に書いたヒゲナガハッチ寸前のドライをなんとか一発でライズのあった流れに乗せることができた。
 すると予想より少し遅れたところでバシっとフライが消えた。

IMGP0305_convert_20120416001818.jpg


サイズはちいさいが楽しい釣りができて良かった。来週も状況をみてこれたらいいなぁ。水温ももう少し上がればライズが増えるはず。期待してしまいますね。

  1. 2012/04/16(月) 00:01:46|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IMGP0299_convert_20120413182030.jpg
 さて今日は川が濁っているので昨日買ってきた本をみて巻いていきたいと思います。


これが例の本です。IMGP0290_convert_20120413132526.jpg

気合いの入ったフライが載っています。

さて、まず最初はツィードリバーの河部さんに教えてもらったパターンをひとつ。
IMGP0292_convert_20120413175046.jpg
名前を聞くのを忘れていたのでわかりません。今度聞いてきます。夏によく使うらしいです。
ハックルはヘンネックを指定されていますが品切れ中だったのでヘンサドルで巻きました。それ以外はすべて指定されたのものを使っています。

次は、本からひとつ。
Dick's Flyというやつを行きます。
IMGP0300_convert_20120413175346.jpg
適当に見ていたらいい感じだったので巻きました。
ここでもハックルの指定された奴がなかったのでブラックを使っています。
IMGP0302_convert_20120413181542.jpg
この無駄のない感じがいいです。こういうフライでニジマスを釣って行きたいです。

今日はここまで。必要なマテリアルを入手していろいろ挑戦していきます。
  1. 2012/04/13(金) 18:30:07|
  2. Winged Wet flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

衝動買い

やばい本買っちゃいました。
いつか欲しいなぁって思ってたらそこそこの値段だったので買いました。中身はかなり刺激的です。前々からスティールヘッドフライには興味がありましたが、ヘアーウィングフライならなんとか巻けそうなのでつかってみたいと思います。
 本来なら十勝川などおおきな川で使いますが、そこまで大き竿がないので中規模河川で使って行けるようにリサイズして巻いていきたいと思います。

 今日は疲れたのでこの本を眺めながらイメージを膨らませて終わりにしたいと思います。
  1. 2012/04/12(木) 22:46:19|
  2. タイイングあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カディスピューパ

 実は今日アメマス釣りに行ってきました。結果はまぁまぁって感じで、雪代が入ってきていたのでなかなか厳しい釣りでした。周りにいた人たちも苦戦していたようです。

 
 さて、久しぶりにドライでも巻いてみようかと思ってみたもののパラシュートとかエルクヘアカディスを巻いても面白くないと思い、半沈みで使えるドライを巻いてみました。

 魚にとって栄養抜群のカディスが羽化のため浮上してきたピューパという飛んで逃げれない、されるがままの状態で流れてくるほど簡単に食える状況はないと思われる。
 そこで巻いたのがこのフライ!
IMGP0289_convert_20120408215440.jpg
カディスピューパ

フックはTMC200Rの#12。ボディはシールズファーのオリーブをウェットフライのそれと同じ毛羽立つ感じで巻いています。ハックルはパートリッジ。ここでなるべく全体的に黒っぽく先端だけが独特のまだら模様になっているパートリッジを使用。そうすることでより虫っぽさが出ると思います。あとはご覧のとおりです…


 あと16/0のスレッドを扱いこなせるように現在練習中。
  1. 2012/04/08(日) 22:09:37|
  2. Dry flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゾンカーレッドテープ

発見しました。こいつの名前は知らなかったけど、色々な人のタイイング動画を見ていたところ、この銀色の鉄板を細く切ってニンフを巻くとき使っていて良いなぁ~って思ってました。
IMGP0285_convert_20120408181626.jpg

 本来はゾンカーなどを巻くときにフックに張り付けてフライ自体を重くしようとするものです。写真ではただの鉄板に見えますが、裏がわはテープになっていてフックに張り付けることができます。

 それで何がニンフを巻くときに良いなぁって思ったかというと、ニンフは基本的にリードワイヤなどをフックに巻き付けてウエイテッドニンフにするのですが、リードワイヤは細身のニンフを巻きにくいという感じがあります。そこでこの鉄板を細く切って使いますと…
IMGP0284_convert_20120408182137.jpg


こんな感じになります。フック全体に巻き付けてもあまり太くならないのでフライのシルエットもあまり変わりません。

いいもの見つけました。
  1. 2012/04/08(日) 18:28:45|
  2. タイイングあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
釣行記 (197)
Dry flies (35)
Nymph flies (23)
Winged Wet flies (15)
Wingless wet flies (16)
タイイングあれこれ (20)
つぶやき (34)
salmon flies (5)
Tube flies (2)
streamer (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR