鱒狂い

大寒波

この北の大地も
一気に寒くなりました。
最近気づいたことが、
夏と違って冬は雨が降らないので
川が濁ることがない=毎日行ける

しかしさすがにこの寒波ではね…

なんとかドライでやれるところがないかと
先日は6箇所ほどリサーチしてきましたが
ほんのわずかなユスリカのハッチがあるのみで、
ライズはない。この時期にライズ探してる方がおかしいんですけどね。

20170112095135813.jpeg

2月の終わりから雪代までのタイミングで
理由はわかりませんが、
ヒゲナガラーバが大量に流下することがあります。
そうなると産卵前の魚たちのストマックには
特大のヒゲナガラーバでいっぱい…なんてことも。

20170112095125ecb.jpeg

とりあえず10本。
でも昨年の忌まわしい台風の影響で
底荒れした川が多い中、1日ニンフをやるなら
まだまだ足りませんね。
しかし、
シーズンを通してフライの供給と消費のバランスは
圧倒的に消費側に軍配が上がっているのも事実。

それに加えてこの寒い時期が終われば
各種ドリフターが増えるとフライパターンも
あるに越したことはありませんね。

20170112095114144.jpeg
Great sedge #6
マスタッドのヴィンテージフックに
久しぶりの気合のタイイング。

やっぱいいですね。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/12(木) 10:08:07|
  2. Winged Wet flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新年

明けましておめでとうございます!


ってもう9日…(笑)
強烈な二日酔いで
もうお酒は飲まないって思っても、
飲んじゃうんだよなぁ(笑)
そしてまた…。

さて、もう平常通りの毎日を取り戻しつつありますが、
新年一発目はこのフライを巻くと決めていた。


グレートな一年になりますようにと下心をこめて(笑)
最近はなかなかお店にも入荷しませんね。
でもとっておきのマスタッドのフックに巻いてやりました。


そして、
初釣行にもいってきました。

ウォディントンスタイルで巻いた「デューク」
十勝川でやるならこれでしょ。
キャスト練習で終わりましたが、
少しずつではありますが、
飛距離も飛ばせるようになってきました。
が、魚の顔を見れるのはいつになるのやら…。

今年もこんな感じでいきますが、
みなさん!宜しくお願いします!



追伸…
おみくじ…大吉でした
  1. 2015/01/09(金) 16:02:35|
  2. Winged Wet flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

気付けば師走


水温は3℃…あ~あ。
IMGP1600_convert_20131201215332.jpg

ニジマス狙いなら最低でも6℃は欲しいところです。
魚たちはいったいどこかに行ってしまったのでは?
というような錯覚に陥ります。


明日はホームに見切りをつけて
水温重視で川を探すことにします。





さて、現在は来年メインに使おうと思っているフライを
巻きためてやろうと思っています。
が、これが一向にはかどらない…

理由はこれね…

IMGP1602_convert_20131201215642.jpg
IMGP1603_convert_20131201215841.jpg


そして
「Hardy's fevourite」色々。
IMGP1604_convert_20131201215941.jpg
IMGP1605_convert_20131201220122.jpg
これもそうなんだけど、一応ドライ?パターンブックにはそう書いてある。
IMGP1607_convert_20131201220222.jpg
最後はウェットフライの基本としてよく紹介されているこいつ。
IMGP1609_convert_20131201220328.jpg

明日釣れますように…おっと実釣につかうフライが…少ない。
  1. 2013/12/01(日) 21:41:15|
  2. Winged Wet flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スーパームーン

「スーパームーン」


いったいなんのこっちゃ、
という感じですがみなさまこんばんわ。

最初聞いたときは
ウェットフライかなんかの名前かと思いました。



しかし、今夜は今年、地球に月がもっとも接近する日らしいです。


外をみると確かに大きくてきれいな月が出ている。




さて、ここ一週間は川にいけてない…


いける日は雨が降っていたり、それ以外は仕事だったり。
台風の影響か不安定な天気でしたね。



そんな日が続いていたので、
「久しぶりにウェットフライでも巻いてみるか」

IMGP1288_convert_20130623210835.jpg

そしてその深みにどっぷりとはまってしまった。

パターンブックを見ながらマテリアルを集めて
巻きまくっている最中です。

きょうはその途中経過を報告します。
IMGP1291_convert_20130623212426.jpg
まずは右から
「ロイヤルコーチマン」
を軸に
「パーキンススペシャル」
「コーチマン」

IMGP1292_convert_20130623211710.jpg

そして左の「ロイヤルコーチマン」の
ボディに巻くフロスの色を換えただけの
「カリフォルニアコーチマン」
真ん中の
「スィフトウォーター」
右の
「レディオブザレイク」


ここまでは使うマテリアルを少しずつ変えながら
気楽に巻けちゃうウェットフライ。

IMGP1297_convert_20130623210945.jpg
そして
「スカーレットアイビス」
IMGP1298_convert_20130623212218.jpg
「サーモンピンク」

IMGP1294_convert_20130623211440.jpg
左は
「オリオール」
右は
「イエローサリーアメリカン」



で、気に入ったのが
IMGP1289_convert_20130623210951.jpg
「マーチブラウンアメリカン」
このリマリックのフックにこのような按排で巻くと気に入り。
なんというか、重厚なフックとクラシカルな雰囲気が好き。


よ~し、
今夜もまくぞ~。


でもね、こんな感じでやっていくと
お財布にダメージが大きめです。



ちなみに今日紹介したフライズはすべてパターンブックの
指定どおりに巻いています。こだわらなきゃ。








IMGP1296_convert_20130623211456.jpg

  1. 2013/06/23(日) 21:39:45|
  2. Winged Wet flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アレキサンドラ?


いままで苦手意識が強くて真剣に取り組んでこなかったこの素材

IMGP1157_convert_20130515100940.jpg

しかし、ウェットフライを巻く、これからもタイイングを楽しんでいくためには
決して避けては通れないことは確かである…




頭と指先をあっつくして巻きました。


私的アレキサンドラ
IMGP1153_convert_20130512092336.jpg


ちょっとでも気を抜けば右に左に飛び出る飛び出る…
失敗に失敗を重ね、なんとかおさまった感じ。
IMGP1151_convert_20130512092327.jpg

そして実際に活躍してくれるのを巻いて
IMGP1167_convert_20130515100044.jpg




午後からいってきますか!
IMGP1150_convert_20130512092149.jpg
  1. 2013/05/15(水) 10:04:46|
  2. Winged Wet flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
釣行記 (197)
Dry flies (35)
Nymph flies (23)
Winged Wet flies (15)
Wingless wet flies (16)
タイイングあれこれ (20)
つぶやき (34)
salmon flies (5)
Tube flies (2)
streamer (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR