鱒狂い

Grey goose

まずはこちら。

20170126095255e56.jpeg
何日か前に川を歩いたときに見つけた。

ファーストアプローチがまずかった…
6xに#16フェザントテイル。
それに水深が思ったよりもあって、上流には流木。
なので魚のいる水深まで沈めるには…と考えた結果
一番小さいショットをかましてワンキャンスト

ショットは形状的にどんなに小さいものを使っても
着水音がしてしまいます。

ぽちょ…と落ちた瞬間の魚の反応ったらもう…



話は変わって、
尊敬するフランクソーヤーさんのパターンのなかで
グレイグースというのがあります。
ただ、このグースのクイルというのが
滅多に見つかりません。というか需要がありません。
バイオットはあるんだけどね。
201701260952321ad.jpeg

ついに見つけた!

せっかくなのでとっておきのパートリッジ、J1A#14

201701260952425cf.jpeg
きっとこんな羽見つけて喜んでるのなんか
自分だけなんだろうなぁ…
棚の片隅の奥の方にグッと押しやられて300円…

はぁ〜…笑
スポンサーサイト
  1. 2017/01/26(木) 10:07:06|
  2. Nymph flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

stone fly nymph

最近、
いい魚を歩いて歩いて見つけて回り込んで
最初に結んだフライはもちろん無視されて…
なんとかかけて手の届くところまできてハズれるということが
2回連続で…こんなことって…

思わず
なんか悪いことしたの〜!?
と言ってしまいたい近状です。
まぁこれも次の一尾への糧として…


ニンフの中でお気に入りヒゲナガラーバについで
本物が流れてる時はもちろん、
圧倒的な存在感でアトラクター的に効いてるのかと思ってしまうくらい
ハマれば…というパターン。
ついつい深酒でベットにダイブする直前に
パッと適当に巻いた出来損ないフライを翌朝見て、

これはっ!?

と思いついたやつです。
20161109224519de9.jpeg
とりあえずテイル、ボディを巻いて、
ウィングケースはグースクイル。
ボディと同じダビング材をループダビング→レッグとしてパートリッジのブラウンフェザー
→ウィングケースを被せる
2016110922451010c.jpeg
ここでウィングケースをカットしないで
グイッとひっくり返して
20161109224459ff8.jpeg
もう一度同じ工程で…
ここで目指すのは少し盛り上がって立体的に見えるウィングケース。
そのためにはクイル自体に厚みがあるほうが上手くいくので
入手しやすいグースクイルを使ってます。
2016110922443646b.jpeg


2016110922444897a.jpeg

ありきたりといえばありきたりだけど
この体裁で思い通りに巻くにはなにをどうすれば?というところが
引っかかっていて、
それが解決したので量産体制でバシバシ巻いております。

これがズラッと並んだフライボックスは
個人的にはグッとくる何かがあります。
  1. 2016/11/09(水) 23:03:33|
  2. Nymph flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋の釣りとタイイング

20161020143645af1.jpeg

誰もがニンフボックスには入っているであろうヘアーズイヤー。
いよいよソラックスを巻いてフィニッシュ目前のところまできてます。
ヘアーズイヤーといえば、ソラックス部分のボリュームの加減が
しっくりこなくて、せっかく巻いてもなんか痩せっぽちに成ってしまった経験お有りでは?
そこで、こんな感じでスレッドはアイ手前に置いといて1往復させてまくとうまく行きます。
スレッドはアイ手前に置いといて、
最初の片道分はドライフライのダビングのように硬くつよくしっかりよりつけておいて…
そこから先にはボテッと…


20161020143611bdc.jpeg
片道分巻いておいて
ここからボテッとした部分でアイまで…

20161020143551425.jpeg
そうすることによって、
ここからブラシなどでかなり強気に書き出しても
下地が見えちゃうなんてことになりません。
ニンフもかっこよく巻かないと…釣果には関係ないかもしれませんが。



そして、束の間の陽気
2016102014375356f.jpeg

前回のホームの続きを歩いてみました。

2016102014365522a.jpeg
結局大きくても40そこそこ。
ここにいるはず!の50オーバーは足元の流木の影からすっとんで行きました。
痩せてたなぁ、あいつ。
  1. 2016/10/20(木) 14:45:26|
  2. Nymph flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ボトムノッカーズ活動再開に向けて…

201610161001347b6.jpeg
気づけば今年ニンフってほとんど使ってこなかったような…
場所によってはドライフライもクライマックスを迎えて
これからは出番の増えるフライの準備を…

もはや工場化させていっきにウェイトいれて
一気に巻き上げていきます。


20161016100154461.jpeg
とりあえず基本のこのダビング材をむしり取るところから。
これ10本20本と巻くためにはこちらもまとめてむしりますが、
指先が痛い!!

そこで最近はカッターを軽く当てて毛並みを逆なでするように
ササっとやるとだいたいは綺麗に取れます。コツさえ掴めば…
薄暗い部屋の蛍光灯の下でカッター片手に…笑


20161016100143c25.jpeg
プログレッシブなパターンも…

どうしちゃったんだろ…笑
  1. 2016/10/16(日) 10:08:15|
  2. Nymph flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Stone fly nymph

今月も早いもので、
もう3月ですね。
振り返ると、まともに釣りになった時って
以外と少なかったなぁ…と。
雨が降って濁ってみたり、
なんの巡り合わせか先行者がいたり、
有力ポイントまで雪の中汗だくになっていったはいいが、
流れがまるっきり変わっていたり…

でもまぁ、幸運なことに
何匹かの魚に出会うことができたので良しとしましょう。




でもなぁ、でも…
最近の自分はこの時期なんだもんこんなもんでしょうというような
少し釣りにマンネリ化が見られていました。
が!

とあること、ものを目の当たりにしたのがきっかけとなって

もういますぐ川行くぞぉ〜〜!!

という感じに燃えたぎってます。

でもそれが釣果にはあまり関係なく、
むしろ甘ったれた2月を過ごした自分に喝を入れまくっているところです。


というわけで、
来週から雪代までが本気の勝負です。
釣れる保証はないし、でも理論的には…
みたいな感じです。


そんなメラメラと燃え盛っている釣り心を鎮めるべく、
タイイングに精をだしているところです。

さて、本日のフライはそう!ストーンフライニンフ!
20160227220721f8c.jpeg

サイズ的にバリエーション豊富で、
ヒゲナガラーバにも引けを取らないボリュームのやつもいますよね。
特に山岳渓流では…

いままでも何本もパターンを考えて巻いて、
それで釣ってきましたが、
なんかこう自分の中でしっくりきていなくて。
それでここ何日間あぁでもない、こうでもない、やって、
昼寝から覚めた時、はっ!!と思いついたのがこれです。

なんかニジマス好きそうでしょ?笑


2016022722243550a.jpeg

見えにくくて恐縮なんですが、
テイルを止める時、
ダビング材で小さなコブを作ってからそれに沿うように
巻き止めるとコントロールしやすいし、
思った通りのテイルにしやすいです。



ニンフテーパーのライン買っちゃおうかな!?
でもなぁ、ウェーダーも買うしなぁ…


参考までに…
Hook:TMC3761 or DAIICHI1560 #8~12
Tail:goose biots
Body:hare's mask dubbing
Rib:copper wire
Thorax:hare's mask dubbing
Leg:pheasant tail (natural)
Wingcase:scud back
Horn:goose biots
  1. 2016/02/27(土) 23:00:21|
  2. Nymph flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
釣行記 (204)
Dry flies (35)
Nymph flies (23)
Winged Wet flies (15)
Wingless wet flies (16)
タイイングあれこれ (21)
つぶやき (35)
salmon flies (5)
Tube flies (2)
streamer (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR