鱒狂い

ダビングボディ

いままでマッチザハッチ系のドライフライのボディは
見た目と雰囲気だけで、バイオットなどを使う機会が多かった。
でもダンをイミテーションした場合
水面にピタッと浮いていたほうがそれらしいのだが、
バイオットボディは水面膜をスパッと割ってしまうことが多い気がしていた。

トラップドダンやクリップルパターンにピッタリなんですけどね。


そこで久しぶりにダビング材だけでボディを巻いてみると
これが大正解だったようで…
20170403230122429.jpeg
粉物のフロータントと相性抜群!
ここ北の大地では、低気温下での釣りも多いため、
シリコン系などのフロータントはカッチカチに固まって…
粉物は湿気を吸わない限り使えますからねら。


昨年の秋から
パタゴニアのナノパフを入手して、
もう手放せないアイテムなのは間違い無いのだが、
日中に気温が上がってジャバジャバのシャーベット状になった雪原を
ほとんど意味の無いスノーシューで歩くともう汗だく…
なので、今日は川についたら帰るまではほとんど長袖ティーシャツのみ!
いい季節になりましたねぇ。

ナノパフをリュックに詰め込んで、ふと水深のある流れを見れば
広がる波紋…
よくよく観察すると大型メイフライの姿が…

ジリジリ距離を詰めてワンキャストで…
20170403230205838.jpeg
201704032301559ad.jpeg
素晴らしい…

そして、
こちらはニンフでした。
201704032301328c1.jpeg
そう大きくはないが、
前々からいるのはわかってはいたが、
流木の陰にいて流せなかった。
が、今日はそこから少しだけ動いてニンフを食いまくっていた。
201704032301426da.jpeg
こ〜んな角度からのセクシーショット。
ぱっつんぱっつんに詰まっております。

見えない魚にひたすら流すニンフとは違って、
見えてる状態でワンキャストで決めるニンフは
ライズゲームのアプローチと似た緊張感があります。


さぁ、雪代までラストスパートだ!
スポンサーサイト
  1. 2017/04/03(月) 23:17:55|
  2. Dry flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

謹賀新年

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞお付き合いください。

初詣(別の呼び名は初釣り…)には
行かれた方も多いようですが、
ショップの初売りセールで新たなアイテムを入手した方も
そろそろ出動ですね?笑


自分としては初詣はここに決めていた!
という川へ行ってきましたが、
目を疑うような光景を目撃してしまいました。

TMC101#20
エルクヘアカディスのユスリカバージョン。

こちらはTMC2488#18・#20
ヘッドセメントでコーティング後、
無難なパラシュートパターンになる予定です。

他にもピューパ、アダルト、またはバリアント系を各種揃えましたが
結局、完璧なアプローチがあってこそのフライパターンなのは
重々承知していますが…あれはねぇ…笑


そして、
淵のなかに数匹の魚を見つけて
ダウンクロスで流し込み2017年初物は

30弱?
隣にいたのを狙ってたんだけどなぁ…
太陽光が角度的に夏ほど届かずに暗いボトムで
白い口がパコッと開いた瞬間、

あけましておめでとう‼︎
と思ってしまいました。がサイズはこんなもんですね。

しばらくは真冬の激アツ ミッジゲームに取り組む予定です…
期待はしないでください。あれはね、難しいよ…笑
  1. 2017/01/06(金) 10:02:17|
  2. Dry flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

秋モード…

20160915095820047.jpeg
気づけばあっという間に秋です。
使うマテリアルなどもすっかり秋モード。
201609150956575ef.jpeg
自分の場合、
こうやってフックをあらかじめ並べて置いて
まとめて一気に仕上げていきます。
が、
20160915095723136.jpeg

右から2番目は裸のフックばかりじゃないか!
ってこうやって同じパターンをサイズ毎に巻いていくと
起きるのがマテリアル切れ…
でもそれだけ買いに行くのもなんだか…
という具合に思った通りに進まないのが現状です。

20160915095753714.jpeg

山間部の渓流では自分が思ったよりも被害が大きいのか、
メイフライはいまのところ皆無?
今年の秋は例年通りにハッチするのか心配ですね。

20160915095903ded.jpeg
アウトレットですが…
もちろんフェルトではなくラバーソールをチョイス。
スタッドは打ってなくてもいまのところ必要なし?
シムスに比べてソールも柔らかいのが印象的です。
あとは耐久性ですが
いまのところ現場ではなかなかのパフォーマンスを見せてくれました。
これからの時期細い糸で50、60クラスを対処しなくてはいけないので、
川を魚と下るのは避けられません。
そうなると安心できる装備が必要ですね。
  1. 2016/09/17(土) 10:07:14|
  2. Dry flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

leg…

2016081721460051c.jpeg
あぁ、今年は一体いつ夏があったんだ…


今回の台風はかなり大きな影響を残したことは間違いなく、
おそらくどこも壊滅状態か何日が続くでしょう。
回復したところで
ハイプレッシャー化したフィールドでは
テレストリアルなどの流下なしでは太刀打ちできないあの鱒たち…



ついこの間はど素人さんを増水中のホームへ案内したところ、
2年ぶりに入ったポイントで…
そこはドン深プールの開きの岩盤にそっと寄り添いながら
水中で捕食する50後半クラス…
これはもらったと思ったが自分が釣るのと他人が釣るのでは
話は全く違くて。
魚のポジションや目線など見てもドライでは厳しいかな?という状況で、
ニンフにも挑戦してもらったが、
現実はそんなに甘くなく…
帰り際には50クラスがドライに出るもライン処理に戸惑いものにできず…
でもきっとそういう魚は自分が単独で行ったときには出てこないんだろうなぁ笑




そんな訳で、
気持ちは秋に切り替えて、
まずはホッパーから!
20160817214546929.jpeg
TMC200R#6〜10

下から見るとこんな感じ…20160817214537a80.jpeg
やはりテレストリアルはレッグがあるのとないのでは
印象が大きく変わってきますね。
もちろんアントなど、
何も付いてない方がいい場面もありますが、
相対的にはあったほうが無難かと。

2016081721452872b.jpeg
ちょっとわかりづらいですが
フライングアントのレッグにご注目。
このマテリアル…なかなかです。
大袈裟すぎないけど、確かなインパクト。
そしてもちろんフッキングの妨げになるようなものでもない。
20160817214518b26.jpeg
売れないのか山ほどありましたよ。
テレストリアルのレッグに使う程度では1つで
何シーズンもいけちゃいます。
  1. 2016/08/17(水) 22:06:45|
  2. Dry flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夏…

夏が腐ってる…

思い返せば5月に30度越えが何日か続き、
これは今年の夏は暑くなるな!
と意気込んでいたものの、
6月は太陽何回みた?
7月もパッとしない日が続いて
先日から続いている雨、雨、雨…
20160801204931e42.jpeg

魚の写真を見返しても、
川や山で撮った写真を見ても
いつも曇り空、または雨…

もう湿度でどうかなってしまいそう。
北海道生まれの北海道育ちには肉体的にも精神的にも
厳しい毎日です。


川はどこも壊滅状態に近いですが、
なんとかなる場所もチラホラ。
もちろん行きましたが気持ちが入っていない上に、
増水で遡行できない場所ばかり。
魚は釣れないことはないけれど、
40そこそこのは何匹か。
けれどね、なんかこう晴れない、気持ちが。



気持ちを切り替えてタイイングに励んでいるところです。
夏は折り返し地点。
ドライフライのハイシーズンに向けて
態勢を整えなくては!

まずはバシッとまだまだいくぜ、シケーダ!
201608012049103d7.jpeg
TMC2302#6

ボディはディアヘアじゃなくて…
軽い上に柔らかいので抜群のフッキング性能。
これを応用すれば
秋に向けて活躍するあのパターンに使えますね。


そしてライズ狙いのど定番。
CDCダン
20160801204922d09.jpeg
TMC100#16〜#22

どんな魚もってわけじゃないけれど、
ダンからスピナーまでなんとなくカバーできます。
これかはサイズとカラーを変えて
とりあえず4本×サイズ、カラー…だから一体何本?

で、
何年か前までは
CDCって安価でバシバシ使える
ライズ狙いに持ってこないなマテリアルっていうイメージが
あったけれど、
最近ではプライスタグもジワジワとあがって、
質を求めるだけでなく、
手にすら入りにくくなっているのは気のせい?


さぁ巻きますか!!湿気ってるからバイオットとか切れにくいですね笑
  1. 2016/08/01(月) 16:11:04|
  2. Dry flies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
釣行記 (209)
Dry flies (35)
Nymph flies (23)
Winged Wet flies (15)
Wingless wet flies (16)
タイイングあれこれ (21)
つぶやき (35)
salmon flies (5)
Tube flies (2)
streamer (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR