鱒狂い

初冬のメイフライ

気づけば季節は暦の上でも冬ですね。
数ヶ月振りに朝から川を歩くもユスリカのハッチもふるわず、
ニンフをやってもなかなか苦戦が続いていた。
そのかわり、
大型の鱒が越冬するであろう場所も
去年の冬とは少し違っていたけど、
何箇所か把握できたのは収穫です。
ただ、その鱒たちの警戒心といったら半端ではなく、
おそらくこの一年に一体何人もの釣り人に狙われたのか…
そんな鱒が心を開いてくれる為には
なにかしらのハッチ、もしくはニンフの流下がなければ、
これから下がっていく一方の水温もあるので、
なかなか厳しいかと…



そんななか、
昼にほんの僅かなユスリカのハッチに誘発されて
フラットなプールでライズが、、、
久しぶりにライズと対峙したがワンキャストで決まって
ばっちり50オーバーだと思った矢先、
流木の入られ何度か流木の入り口まで連れてきたところで
擦れていた箇所でプッツリ…



その後も先行者多数で身動きできなくなったため、
一か八かで上流へ大きく移動して最初に入ったプール。
20分ほど見ていると気のせいかメイフライのハッチが…
これはと思い、
見ていると開きのバブルラインで見事なヘッドアンドテイル。
最後にひらりと見える尾鰭からいって
そこまでの大きさではないが、
これぞメイフライのハッチというようなライズ。

すぐにリーダーを5x、ティペットは先ほど切られた6x。

距離を詰めてワンキャストで決まった。というかノリノリで、
20センチほどレーンがずれたけど全く問題なし笑

20171111180627849.jpeg

大台には届かなかったが、
この川ではおそらく最後?かと思われるメイフライのハッチ。
そのライズに出会えたし、
サイズは置いといて素晴らしいライズ。

20171111180625e55.jpeg

それに加えて彼の逆転音も存分に楽しめました。
次はもう少しだけ大きいのと写真とりたいな笑
スポンサーサイト
  1. 2017/11/11(土) 18:09:14|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

惚れた鱒

ここ最近何やってるの?というくらい更新してませんでしたが、
川へはちょくちょく出かけていました。
これからの時期、今シーズンの集大成に向けて
コンディションの良い鱒を求めて歩き続けましたが…笑

そんななか、
かれこれ3ヶ月狙い続けてた鱒。
そいつがとにかくキカナイ!
大きな反転流をクルージングしながらライズするが、
その反転流に他の鱒が入ってきたものなら
目の色変えて追いかけて追い払ってしまう。
そしてプールを独り占め。

そんな鱒も相当狙われているようで、
だいたいワンキャストしかチャンスはなく、
立ち位置、バックスペース、ランディングまでのことを考えると、
どうしてもストーキングの段階でスプークされることもあり、
その日によってクルージングコースや、
ライズをする場所が大きく違っていて何度スプークされたことか…

そして本日…

ダメ元で様子を見に行って、クルージングコース、ライズを観察したら
魚を視認しながらキャストできる射程距離内でのライズが多かった。
これはその日の水位、流下物によっても変わっているのは明らか。

時間をかけてストーキングし、
フライを結びワンキャスト目。

これだけ狙われているものだから
鱒はフライの下まできて20秒ほどじっと見られる。
それは本物の虫にライズするときも同じ動きをするので
見ていても
あぁ…ライズするなぁというのがなんとなくわかっていた。

しかし、流れのほとんどない反転流でも
鱒の定位するレーンに20秒もフライを置いておけば
間違いなくドラッグがかかってしまう。
今回も結局ドラッグがかかって鱒はスプーク…

そこから1時間半。
とにかく待ち続けた。
3ヶ月片思い中の鱒を。

ますがクルージングしてライズをする筋にフライをおけば
じっと見られ、いずれはドラッグ…
なので、
あえて筋から外れた流れの完全に止まっている場所。
そこならドラッグがかかることはない。
最初は沈んでいた鱒も少しずつ浮き始め、
ちょうどこちらに向かってくるタイミングでキャストが決まった。

鱒がフライに気づき、
ゆっくり浮いてきてじっくりフライを見られる。
でも大丈夫。ぜったいにドラッグはかからない。
そしてついに、あっけなく、大きな三角の口をパコッとだして
ついに、ついに、フライを食った。

ティペットは6.5x。でもこの立ち位置なら上へ行こうが下へ行こうが
ついていける。


気づいた時には3ヶ月狙い続けてた鱒がネットにおさまっていた。

2017091421083271e.jpeg
54cm

大きさじゃない、求めていたのは鱒のコンディションはもちろん、
フライフィッシングとしてのクオリティ。
この鱒からは本当に多くのことを学んだ。
ストーキング、アプローチ、フライパターンなどなど…
間違いなく記憶に残る一尾に間違いはない。
  1. 2017/09/14(木) 21:47:39|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

恵みの雨

雨は雨でも今回は恵みの雨だったはず…
天気予報よりも降らなかったようで
川についてみると増水しているものの、
濁りはほとんどなく、
むしろ渇水が続いていた河川の鱒達の警戒心を和らげるには
ちょうど良いくらいだったのかも。

入ろうと思っていたポイントへは水位が高くて
渡っていけず、
ここはいるはずなんだけど…なポイントでしばらく見ていると
流心の向こう側の反転流に浮かぶ大きな影。
時折水面近くまで浮上して何かを食べている様子。
キャストしたいのは山々だが、
流心から手前は噴きあがったりしていてあっという間に
ラインをぐちゃぐちゃにさせる。
なのでキャストはあくまでも鱒がクルージングして
流心に入ったタイミング。

何度かチャンスはあり、
その度にフライを見切られ、
結局最後は6xに#16。
20170825224234218.jpeg
ダビングボディにしてパウダー系のフロータントを
ハックルとボディ上半分に擦り付けて
そこそこの流れに揉まれても沈まないようにした。

20170825224221bf6.jpeg
60cm
コンディションは良くないが
フライパターンやキャスト、タイミング、などの作戦が
本当に重要であとはメンタル的な部分でしょうか?

20170825224246b4c.jpeg

次に会う時にはお互い成長して手合わせしたいものです。
  1. 2017/08/25(金) 22:54:17|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

羽アリ来襲…

昨年の台風以降、
いまだに歩いていなかった区間。
何年か前はここばかりいってたような…
それにしても激変した川を見るたびに
昨年の台風の破壊力は凄まじいものがあったんだと
再認識する。

そしてこの日は羽アリの流下がとても多く、
見ていてもパタパタと水面へ落ちては流れ、
それに鱒がライズするという状況。
いつもこうならいいのになぁ〜と思うが
いつ流下するかわからないテレストリアル主体のライズ狙いの
戦いは何度やっても毎回発見があって大変面白い!


鱒が浮くのを待ち、
フライを結んでタイミングを合わせたワンキャストに…
201708200626072bc.jpeg
52cm

そしてその後、
新たに見つけた大きな淵をクルージングする大きな影…
ワンキャストで仕留めたライズの主は
大きさは56cm…
しかし、痩せすぎで写真に残すのも可哀想な魚。
例えるなら産卵後のサンマのようなアメマス、くらい
痩せていた。

昨年の台風以降、こういう魚が増えたなぁと思うのは自分だけではないはず。
見つけてもこういう魚に手を出さないという選択肢もあるのかも…

難しい判断ですよね。
  1. 2017/08/21(月) 11:10:41|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

The perfect

ご縁があって我が家に届いたリール。
フライフィッシングを趣味としていくためには
決して避けては通れない道。
実際に使うかどうかは別として
コレクションしだすと最後…
夜な夜なクリック音を聞いてうっとりすることになります。



そんなリールをお気に入りの竿にくっつけて
大台クラスがプールの開きのフラットで繰り返すライズと対峙するのは
たまらないものがあります。
20170802110236c79.jpeg
大台にはわずかに届かないのが二本でたが
その度にリールの逆転音にこれまたうっとり…

20170802110245542.jpeg
アントパラシュートがやはり安定した効果を発揮してくれます。
サイズ感が特に重要でした。
フックはもちろんTMC2488H。


時間を空けて入り直すと
20170802110222559.jpeg
51cm
6xでは見切られ、7xに変えると同じフライでも反応が変わりますね。

帰り際、65クラスのライズもあったが、
それは単発&時間切れでモノにできず…

最新の道具もいいけど、
歴史のなかにある道具ってやっぱりイイっすね〜
  1. 2017/08/02(水) 12:34:59|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
釣行記 (210)
タイイングあれこれ (21)
つぶやき (36)
Fly tying (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR