鱒狂い

mountain stream

昨年の台風で川が大きく変わって
魚のコンディションも場所によってかなり変わっている。
それはすべて台風のせい?
それとも人的プレッシャー?
ほかにもなにかあるのか?

崖を下って河原に下りてさぁこれからと思った時、
対岸の崖を猛スピードで駆け上がっていく黒い背中…
どうやらふきの群生しているなかでお食事中だったようです。

20170719091327083.jpeg
51cm
そんなポイントでシケーダに出た一尾。
話に聞いていたほど悪いコンディションではなかった。
それにストマックにはテレストリアルを中心にカディス各種、
結構な量が入っていた。
決して餌がないわけでないようです。


そこからしばらく歩き、
ここぞという大きな淵でむやみにキャストせず、
高台にまわって観察すると
反転流をゆっくりとクルージングしている魚を発見。
しかし、そのあと姿が見えなくなり、
スプークしたかと思ったが15分ほど経つと
またクルージングしてきた。

20170719091337983.jpeg
60cm
クルージングコースを読んでフライをあらかじめ置いておいて
それに気づいた魚は一気にスピードを上げてパックリ…

コンディションはイマイチだが、
ストマックにはやはり結構な量が入っていた。



帰り際、またしてもクルージングしている65クラスを
発見し、これは貰ったとフライをクルージングコースに入れておくも、
フライの下で10秒ほどじ〜っと見てからプイッと見えなくなってしまった…
そんなに見られちゃね…笑

1日歩いてなるほどねと思うこともたくさん。
これは人的プレッシャーがかなり影響していると感じた。
人的プレッシャーはもしかしたら魚にとって台風よりも
深刻なダメージを与えているのかもしれない。
現に、人的プレッシャーのかかりづらい場所ではいい魚もちらほら。

次はコンディション抜群のロクマルを狙いに歩きます!

スポンサーサイト
  1. 2017/07/19(水) 09:31:59|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Sight fishing

なんと本日、
この北の大地が日本で1番暑かったらしいです。
車をとめてウェーダー履いて歩き出せば
あっという間に汗がダラダラ…
そして群がるブヨ…


去年から大台を数本確認していたプール。
ボトムにへばりついた魚はなかなかドライでは厳しく、
出るなら開きか突き出た岩盤に定位した魚を狙わなければ…
クリアウォーター、そして人的プレッシャーとくれば
狙って大台を釣るにはむやみなキャストほど悪いものはない。

少し高いところからプール全体を観察していると
大台オーバーが岩盤付近から急浮上し、
水面の何かをバコッと食っていった。
ハッチはなく、テレストリアルが濃厚な気配。
以前ここを釣った時にビートルパラシュートを見切っていった魚と
大きさや色などすごく似ていたのでおそらく同じ魚か…

そしてほどなく岩盤の切れ目に定位している
魚を発見。

そこまでわかってるくせに結んだのはビートルパラシュート#8

ワンキャストで決まった。

魚はフライをチラリと見たのみ…

2回目…フライを完全無視し、
その後どこかへ見えなくなってしまった。


移動しようかと思ったが上にも下にも釣り人の姿が…

そして灼熱の河原で待つこと1時間。
先ほどの岩盤の切れ目にあの魚が戻ってきていた。


間違いなくテレストリアルを捕食しているはず。
そしてテレストリアルボックスを覗くと
秋以降使う気にもしてこなかった
20170707205738f25.jpeg
カメムシ。
カメムシといえば秋のイメージだが、
山岳地帯では意外に夏でも姿を見ることがあります。
数は秋には負けますけどね。
別にカメムシを捕食していなかったとしても
魚を惹きつけるなにかを持っているのはご承知の通り。

答えはワンキャストであっさりと。
201707072057269cc.jpeg
ボトムから急浮上し、
ゆ〜っくりとフライをガボ〜んと食っていった。
それが全て丸見え…
20170707205716988.jpeg
この暑さと相まって、
本当にクラッときてしまいます。
20170707205659580.jpeg
52cm
やはりコンディションのいい魚はフッキングしてからの
暴れっぷりはちょっと暑さで体力を削られた体にはこたえます…

本当に難しいけど、
いろんな意味でアツい季節になりましたね。
また次なる魚に出会うために歩きます!
  1. 2017/07/07(金) 21:20:12|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

quality fish

今年に入ってから一度も歩いていない川。
自分にとってこの川で釣ることこそが
目標であり、いつになっても憧れでもある。

水位は高く、
渡れる場所もほとんど限られていて、
思ったようにはいかなかった。

去年の台風後、
重点的に歩いて魚の場所もある程度把握していたにも
関わらず、ドライフライで狙える流れも多くはなかった。



そんななか、
ドライで大台クラスが出るならこの流れ…
フライに覆いかぶさるように出た魚は
一気に上流へ走る。
足場が悪く、
下流へ行かられるとついていけなかったので、
とりあえず対岸へなんとか渡るも、
その間も魚は上流へ…
気づけば魚はすでに上流にあるガンガンの瀬のなかに
入ったあとも止まることなく登り続ける。


20170626004053c6b.png
バッキングラインを何度か引き出した魚…
姿を見て特段大きい魚ではないなと思っていたが、
瀬を上り続けたときは顔面蒼白…


20170626004028545.jpeg
54cm
完璧なコンディション。


大きさだけでなく、
簡単ではないなかで、このクオリティを追い求めて
通い続ける価値は十分にある。

数は釣れなくてもいいから、
またこういう魚に出会うために通う羽目になりそうです…
  1. 2017/06/26(月) 01:10:31|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

虹鱒って魚はホントに…

合宿が終わってから、
何かと溜まった雑務をこなしてみれば
上がった水位も少しは落ち着いて…

ならばと出撃するも満員御礼…
それに加えて工事が始まっていたり…


一見すると激流。
白泡が立つほどの流れの中のそのピンスポットのヨレの下には
必ず大きなヒレを動かして定位している魚がいるはず。
リーダーやティペット、そしてフライパターンによる
空気抵抗など考えて立ち位置を決めて
魚に違和感を与えることなく流すことができれば…
2017061406275948c.jpeg
それで出なければこちら側の問題ではなく、
魚とこちらのタイミングが合わなかったというだけなのか?
そんな流れなのに食う時は
ロングシャンクのビックドライもばっくりいってくれます。
2017061406281531d.jpeg
雄50cm

フッキング後、流心に乗って一気に走られたときは
このサイズにしてもうダメかと思わせるグッドファイター。


またすぐにでも、川に立ちたいです。
そう思わせてくれるほどの魚に出会えて感謝!!
  1. 2017/06/14(水) 17:23:28|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

合宿最終日…

合宿最終日…
2日目の夜、
深夜にトイレに起きた時何か嫌な予感がしたので
川の水位を見てみると…

平野部では思ったより降らなかった雨、
山間部ではまとまった雨になっていたようで
朝起きてみるともともと高い水位だったにもかかわらず
更に増水&濁り…

それでもポイントをランガンするも
なかなかドライフライを流せる水面がなく、
あってもきつい濁りのせいか反応はない。


そんなこんなで
川を変えてみることに。


岩盤の上に大台クラスが1匹見えていて、
水中ではかなりの頻度で動きながら
捕食を繰り返していた。
しばらく観察するもライズはせず、
相変わらず白泡の切れ目で動き回っていた。

意を決して#6のセッジをワンキャストで決めるも、
フライをふわ〜っと見に来て見切って行った。

そしてそのままスプーク…
この日、この合宿のラストチャンスは呆気なく
白泡のなかへ消えて行きました。


この三日間、いきなりこんな魚と出会い
201706140627485e5.png

そして歩いて歩いて歩きまくった。
そんなハードな合宿のおともはこれ。
2017061406271491f.jpeg

何度パワーをもらったことか…
この三日間の総遡行距離は38キロ…
もっと歩けたかなとも思ったけど、
増水と工事などの影響も考えればまあまあかなと。


それにしても初日の魚は素晴らしかった…笑
  1. 2017/06/14(水) 07:40:05|
  2. 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

dunkeld06

Author:dunkeld06
ようこそ!北海道の道東方面でフライフィッシングを楽しんでいます。
 最近はウェットやニンフといった水面下の釣りを勉強中です。
 タイイングもまだまだ修行中ですが、がんばっていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
釣行記 (204)
Dry flies (35)
Nymph flies (23)
Winged Wet flies (15)
Wingless wet flies (16)
タイイングあれこれ (21)
つぶやき (35)
salmon flies (5)
Tube flies (2)
streamer (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR